クラミジアの症状と潜伏期間

noncolle

クラミジアの症状と潜伏期間

クラミジアは性病の中でも特にポピュラーであり、多くの人が簡単に感染してしまう性病の一つです。何故かと言うと感染していても症状が出ないことがあるからです。相手がクラミジアに感染していることすら気づかないまま関係を持ってしまうと感染してしまう危険性があるのです。たたじ関係を持ってから即日症状が出ることはなくある程度の潜伏期間があります。この辺りを詳しく解説していきます。

クラミジアの感染源

クラミジアはディープキスや口でのサービスを受けても感染します。というのは喉に感染するからです。しかもその感染率はとても高く症状が出ない場合もあるため推定感染者数100万人と言われています。
当然ですがゴムをつけていない関係を持つと感染率は高まります。感染は女性のほうが高く50%の人が感染しますがあまり自覚症状がないため、関係を持った後に男性側が感染して気づくこともあります。

性感染症の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品