HIVの感染確率

noncolle

HIVの感染確率

HIVは特別な病気だと思いがちです。しかも感染確率は性行為であればたった1%程度。だから大丈夫だと思いがちですが、実際はそんなことはありません。相手がHIVであれば、感染するかしないかの50%の確率になります。確率ではなく2択といったほうがいいでしょう。確率論はまったく無意味です。

HIVの感染確率は相手がHIVキャリアなら無意味

性行為の相手がHIVキャリアであれば、その時点で感染確率は2択のしているかしていないかしかありません。よく言われるのが生でした場合でも男性は0.5%、女性は1%の確率で感染する、というものです。しかしこれだったらほとんど感染しないことになりますよね。

しかし実際には感染しています。しかも感染していることに気づかないでHIVウイルスをまき散らしている人もいます。これは本人が感染に気づいていないからです。
気づいていないということは、HIV検査もしていないということなので、感染確率の1%という数字の中には含まれていません。

だから本当はもっと感染確率は高い可能性があります。

性感染症の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品