日本のビジネス論

先進国からズルズルと落ち続ける日本が世界と同等に渡り合えるようになるには働き方や労働意識、会社との関係性、賃金や休暇など、あらゆる面で世界基準の考え方を保つ必要があります。

現状の高齢者は今まで通り続けて人生を全うしたいと考えていますが、そのうちに日本よりも人口が多く多国籍な東南アジアの国々に追いつけなくなるほど経済が落ち込むでしょう。このまま自然に変化を待っていると今の高齢者がいなくなる20年後まで待つ必要があります。