経団連、テレワークを見直すべきと政府に提言し反感を買ってしまう

政府が呼びかけてきた感染症対策のための出勤者7割減について、経団連は経済的にも科学的知見においても今後見直していくべきだと政府に提言しました。

テレワーク自体は働き方の多様性の観点からも続けるべきではあるものの、一律にテレワークを続けてしまうと経済的な打撃が大きいとの考えです。

ここで注意したいのは、経団連はテレワークを一律にやめるべきといっているのではなく、感染症対策という緊急事態下における政府の提言であった出勤者の7割減を取りやめたほうがよいということです。

とは言えテレワークができる職種ならどんどんテレワークをして無駄を省いていくという方針を強く打ち出しているわけでもないことから、ネットでは否定的なコメントがとても多いです。

ネットでの意見の多くは、テレワークを妨げる言動は許せない模様

この経団連のテレワーク反対ともとれる発言について、ネットではテレワークが良かったのに余計な口を挟むな、という意見がかなり多いように見受けられました。

テレワークは今後も続けたほうが良い人の意見

  • 通勤時間がなくなってとても良かった
  • 常に上司や同僚と進めなくてはいけない仕事にも問題がある
  • 会社に出ると自分以外の仕事を振られることがあって嫌だ
  • 満員電車のストレスはもう味わいたくない
  • 異様な状況(満員電車)で毎日通勤していたことに気づいた
  • テレワークで仕事が回るならそのままで良い
  • 優秀な人はテレワークできる会社に転職するだろう
  • 無駄に会い、移動し、無駄に飲み会をする、効率悪い世界に戻る必要はない
  • コミュニケーションは出社しないとできないわけではない

テレワークが可能ならそれを選べば良い、できないことはできる状況に合わせれば良い

満員電車のストレスや移動時間の無駄など、今後省けるものは徹底して省き、必要なことだけに集中することで、ある程度通勤電車のストレスは軽減されるでしょうし、無駄な移動と打ち合わせは減り、人の労力とともに無駄な電気も不要になる可能性もあります。

これまで無駄の上にコミュニケーションや経済が成り立っていた部分は非常に大きかったものの、新しい時代に順応していくことが効率の悪い国と言われる日本を変えていくのではとも感じます。

東京オリンピックを想定し、東京都はスムースビズという取り組みをコロナ以前から企業側へ促してきました。私の会社も賛同しスムースビズに参加していたものの、リモートワークはゼロ、通勤時間は通常通りラッシュ時間帯のままでした。

その数年後、コロナによりテレワークを半強制のように押し進めることができました。(とは言え緊急事態宣言下でも弊社IT関連業態で私は家が近いという理由でほとんど人のいない事務所へ100%出勤でした)

今後のアフターコロナの日本はどの様になっていくのでしょうか。