死亡したときの保険金の目安とは?

noncolle

死亡したときの保険金の目安とは?

生命保険というのは基本的に死亡したときに遺族に支払われる保険金を毎月支払っていくものです。よくあるのが何億円とか高額な生命保険がかけられているという話をドラマなどで見ることがありますが、実際は毎月の保険料が高くなりすぎるため億単位の生命保険は現実的ではありません。

基本的に自分が死亡したあとに遺族が一旦生活に困らないだけの金額を計算して必要な死亡保険金を割り出していきます。そうすることで無駄に高額な保険金のための保険料支払いにならずに済みます。

死亡保険の保険金額の決め方

まずは死亡したときに入ってくるお金は保険金だけではないことを頭に入れておきましょう。
遺族年金など人によっては様々な年金が入ってくる場合があります。また貯金などもあるはずですので、これらを考慮していくらの死亡保険金が必要なのかを考えることで毎月の保険料を低く抑えることができます。

よく死亡保険金が多額なものだと思いがちですが、高ければよいというものではありません。保険金が高いということは、それまで支払う保険料が高くなってしまいます。

年齢、家族構成などを考慮して途中で見直す必要も

死亡保険金は、若く子供がまだ学生である場合などは高くないと困るでしょう。しかし子供が就職して、あとは定年、老後を過ごすという場合であれば、子供の学費や子供の生活費はなくなっているはずですので、高額な死亡保険金は不要になります。

このようにして、現在いざというときに必要な金額がいくらなのかを考えると、生命保険を見直す必要があるわけです。
だいたい定年退職、子供の独立や結婚時など節目節目で生命保険を見直すと良いでしょう。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ