生命保険の契約から保険証券の受け取りまで

noncolle

生命保険の契約から保険証券の受け取りまで

生命保険を決めたら、すぐに毎月の保険料を支払うということではなく、ちょっと面倒な契約手続きや受け取る保険証券などがあります。実際の保険契約までの流れを詳しく解説します。

生命保険契約の際の重要書類一覧

生命保険や医療保険などの契約時にもらう重要書類はどれも大切なものです。全て一式にしてわかるところに保管しておいてください。

商品パンフレット

保険商品の内容や特徴などをまとめたパンフレットです。大概はこのようなパンフレットで自分に合いそうな保険を選んだりします。

ご契約のしおり

生命保険の契約内容はとても複雑でパッと見すべてを理解することは難しいです。それをわかりやすく要点だけを完結にまとめたのが『ご契約のしおり』です。これが保険の全ての内容であるとは言えませんが、それでもどんな保険内容なのかを把握するのには便利です。

約款

生命保険の約款はもらっても読まない人のほうが多いのではないでしょうか。契約内容について細かく書かれています。専門用語がたくさん出てくるのでわかりにくい場合が多いです。

契約概要

契約内容をわかりやすくまとめたものです。

注意喚起情報

生命保険を契約する際に守るべきことが書かれています。たとえば病歴などをしっかりと伝えるめの告知義務についでったり、保険の適用開始時期やクーリングオフ制度についても説明されています。

意向確認書

これから申し込む保険が本当に最適なものなのかをまとめた書類です。これは2007年から義務付けられたものです。本当に必要な保険なのか、本当に意味のある保険契約なのかをはっきりさせるための書類です。

保険設計書

見積書や提案書が含まれます。これらはこれから契約するであろう保険の重要なことが書かれているのでしっかり目を通す必要があります。保険の内容を事前に確認しておくことで、保険金が受け取れないことを未然に防ぐ知識がつくでしょ。

保険申し込み後、保険会社が承認して契約できる

  1. 保険の申込書を提出
  2. 告知書を提出
  3. 一回目の保険料を払う

これらの手続をしてあとに、保険会社が加入を認めた場合に、承認が行われて契約開始となります。契約が開始されると保険証券が送られてきます。

保険の契約開始日は一回目の支払いをした日に戻る

上記のように、保険料は先に支払っていて、そのあとに保険会社から承認されたときのみ契約が開始されます。
では契約の開始日というのが、承認された日であるかというとそうではなく、一回目の保険料を支払った日に遡って計算されます。要するに保険料を収めたときから保険の保障内容も適用されるということだからです。

保険証券の契約日付

保険契約が開始されて送られてくる保険証券には、契約が開始された日付が印字されています。しかし実際の保険の契約開始日は先程のとおり、保険料を収めた日です。なので、契約成立前に何かが起こったとしても、契約が成立すれば、その前に遡って保険金等を受け取ることが可能です。

保険を早く適用させたいという方は、申告書、告知書、一回目の保険料払い込みを全て同じ日に済ませてしまいましょう。後日契約が成立すれば、その日から保険適用となります。

保険証券とは

保険の内容や決まり事が書かれた大切な書類

保険契約のときに受け取るのが保険証券です。保険契約が成立し、その契約内容がどのようなものかが記載されていて、実際に保険の契約をしていますよ、という証明書としての効果もあるとても重要な書類です。

基本的に家族みんなが分かる場所に保存して、保険金をもらうようなことがあったらすぐに保険証券を取り出せるような環境にしておくのが理想です。

ただし保険証券は有価証券でもないですし、契約書でもありません。ここがポイントです。保険証券を契約書かなにかと思っている方は意外と多いんですよね。
保険証券は契約の成立とその契約内容が記されている証拠証券という位置づけになります。

保険証券をなくしてしまったら

保険証券を紛失してしまったら、保険契約者の個人情報から新しい保険証券を再発行してくれます。

生命保険契約の際の重要書類一覧

生命保険や医療保険などの契約時にもらう重要書類はどれも大切なものです。全て一式にしてわかるところに保管しておいてください。

商品パンフレット

保険商品の内容や特徴などをまとめたパンフレットです。大概はこのようなパンフレットで自分に合いそうな保険を選んだりします。

ご契約のしおり

生命保険の契約内容はとても複雑でパッと見すべてを理解することは難しいです。それをわかりやすく要点だけを完結にまとめたのが『ご契約のしおり』です。これが保険の全ての内容であるとは言えませんが、それでもどんな保険内容なのかを把握するのには便利です。

約款

生命保険の約款はもらっても読まない人のほうが多いのではないでしょうか。契約内容について細かく書かれています。専門用語がたくさん出てくるのでわかりにくい場合が多いです。

契約概要

契約内容をわかりやすくまとめたものです。

注意喚起情報

生命保険を契約する際に守るべきことが書かれています。たとえば病歴などをしっかりと伝えるめの告知義務についでったり、保険の適用開始時期やクーリングオフ制度についても説明されています。

意向確認書

これから申し込む保険が本当に最適なものなのかをまとめた書類です。これは2007年から義務付けられたものです。本当に必要な保険なのか、本当に意味のある保険契約なのかをはっきりさせるための書類です。

保険設計書

見積書や提案書が含まれます。

などの書類が渡されます。これらはこれから契約するであろう保険の重要なことが書かれているのでしっかり目を通す必要があります。
保険の内容を事前に確認しておくことで、保険金が受け取れないことを未然に防ぐ知識がつくでしょ。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ