保険の営業マンの利用方法

noncolle

保険の営業マンの利用方法

保険の営業マンのイメージは何とか言って保険加入を迫ってくるイメージがありますが、実際は自分に合う保険商品があればそこで加入してもいいわけですし、最終的には加入するか断るかの2択しかないんですよね。利用できる営業マンはとことん利用して自分に最適な保険に加入できればラッキーと考えるのもよいと思いますよ。

今回は保険の営業マンと話す場合、どんなことを心がけるべきかを解説します。

良い保険の営業マンを見分ける方法はある?

基本的に生命保険の営業マンは信じない

結論を言うと、生命保険の営業マンは信用しないでください。なぜかというと、その保険会社にしかない保険商品しか勧めることが出来ないからです。生命保険というのは各社色々な商品や特約をつけて売っています。たった一社のひとつの商品があなたに合うかどうかというとそうではないのです。

場合によっては足りない部分を他社の生命保険か特約か、医療保険か、なにかで補う必要がある場合があります。これをたった一社の営業マンできめることは難しいのです。

複数社の複数の生命保険から選ぶ

生命保険会社の営業マンではなく、複数の生命保険会社から最適なものを選んでくれるファイナンシャルプランナーを利用するのが一番賢い生命保険の選び方です。営業マンでも良いひとはいますが、本当に最適な生命保険と巡り会えるかというとなかなか難しいものがありますからね。

無料相談ができるファイナンシャルプランナーは、生命保険各社と契約していて、どこでも加入してもらえれば報酬がはいるわけです。だからどこの生命保険会社にもしがらみがなく良い商品を選び出してくれます。これは一社に縛られてしまう保険の営業マンと決定的に違うところです。

まずは営業マンの話も聞いてみると良い

自分がどんな保険が必要なのかを考えながら生命保険の営業マンと話してみるのも良いでしょう。そこからこんな商品があるのか、ここの特約はいらないな、これは高く感じるけど相場はどんなだろう、など色々と疑問が出てくるでしょう。

そうしたら他社の生命保険と比較できるファイナンシャルプランナーに相談です。ここで他社でもっと良い保険に出会える可能性はとても高いです。いきなり営業マンからお薦めされる姓芽保険に加入するのは一旦ストップしておきましょう。

保険営業から「病歴隠しましょう」と言われたら

健康状態によっては保険に入れない場合があります

生命保険は病歴、今の病気、持病など保険の審査でひっかかる項目があると加入することはできません。そこで生命保険の営業たちは病気は隠してとりあえず加入してしまいましょう、と言う悪い営業マンがいるのが事実です。保険営業は加入数で成績が決まり収入に直結するのでこう言ってくる人もいるんですね。

病気を隠して加入した場合は契約解除される

病気を隠して加入することは実際に可能です。しかしそれでは生命保険会社は破綻してしまいますよね。だからここで生命保険会社は、病気を隠して加入した場合は『告知義務違反』で契約解除することが可能です。

これを知らずに保険に入りたいという気持ちと悪い営業マンの口車に乗って生命保険に加入してしまう人がいるのです。

もし契約解除されてしまう場合、何かが起きても当然保険金は支払われません。困るのは生命保険の加入者です。生命保険の契約時はありのままを書くようにしましょう。

契約解除ができるのは加入後2年以内

病歴等を隠して生命保険に加入した場合、それから2年以内に発覚した場合に限り契約解除されてしまいます。これを見ると2年経過してしまえば解除されないと思いがちです。契約上はそのとおりですが、悪質な場合、詐欺として訴えられることもあり得ます。

2年経てば解除されないから大丈夫、と営業マンから誘われても乗らないようにしましょう。まずは特定の生命保険会社の営業マンではなく、複数社の保険から最適な商品を選んでくれるファイナンシャルプランナーに相談したほうが断然良いです。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ