保険の審査と健康&病気で加入できるできないが決まる

noncolle

保険の審査と健康&病気で加入できるできないが決まる

保険の審査では健康状態が良いかどうかチェックされます。病気の場合は保険金支払がすぐ来てしまうので、保険会社はまるまる損してしまいますよね。できるだけ長く健康でいてもらって、できるだけ長く保険料を収めてくれる人に入ってほしいのです。そのため、健康診断の結果によっては審査に落ちて保険に入れないことが多々あります。

今回は保険審査の際に健康状態によって落ちる可能性について詳しく解説していきます。

健康状態の診査をクリアする方法

生命保険会社の診査はそれほど厳しくない

最近体調が悪い、歳のせいか健康診断で健康ではないと数値が出たりする、と不安になる方も多いでしょう。だからといって生命保険の加入をあきらめないでください。

実は生命保険の診査というのは、一般的に会社で受ける健康診断よりもゆるいと言われています。高額な保険金を受け取る契約になっていれば精密検査があります。それでも血液検査や心電図を取るようなものです。

しかし一般的な生命保険であれば、尿検査や血圧や問診だけで終わります。

健康診断書の提出よりも診査の情報だけのほうが良い

このことから、健康診断書の提出をするような場合はできるだけ避けたほうが良いと言えます。診査の内容よりも健康診断書の内容のほうが詳しい情報が渡ってしまうため、ここで診査にひっかかる可能性が高まるからです。

診査の日までに健康で体調良好な日を準備する

診査は一発勝負ですので、その日までに健康状態は整えておきましょう。
血圧が高めの方は診査の日まで血圧が下がる食べ物を毎日意識して食べるだけでも変わります。また風邪気味だったり体調が悪いと感じたら無理をせずに診査の日程を変更してもらいましよう。

健康状態が良好でないと判断されると生命保険の蟹ゆうを謝絶されるか、もしくは入れたとしても保険料が割増になってしまうケースが多いのです。

診査で健康状態に問題ありとされてしまったら

『謝絶体』と書かれたら生命保険加入はできない

生命保険会社に提出する告知書に基づいて診査されます。そのとき『謝絶体』と判断されると生命保険の加入はできません。
ではどのような状態だと謝絶体とされてしまうのかは、各保険会社によって基準は違いますが、最近はうつ病である場合も謝絶体になる可能性は高まっています。

健康状態が悪くても加入できる場合もある

健康状態に問題があったり病気の懸念があったとしても全てが謝絶体となるわけではないようです。普通に加入できてしまうケースや条件付きで加入できるケースがあります。

条件付きで加入できる場合は以下のようなものがあります。

要するに保険会社が被るリスクを下げる形で加入が認められるケースのことです。

このように、体に不安があるという方でも一度告知の内容を見てもらい、加入できるかどうか試したほうがよいでしょう。

風邪は保険の診査で嫌われる

生命保険ではたかが風邪ではない

生命保険の診査では、現在風邪を引いている場合、また今度診査を受けてください、といわれることもあります。これはなぜかというと、風邪の諸症状でしかないものが実は重大な病気の前兆であったということが往々にしてあるからです。

たかが風邪だと思いがちですが、風邪のような症状で重大な病気だったということはあり得るため、未然にリスクを回避したいと思うのが生命保険会社の立場です。

風邪を引いている人は延期体として扱われる

風邪をひいているから生命保険に加入できないということではなく、完璧な診査ができないから『延期』してくれ、ということで『延期体』として扱われます。後日風邪が完治してからまた申請してください。

それでも風邪くらい隠せば大丈夫だから、と生命保険の加入を急がせる営業マンはただ単に営業成績をあげたいがために加入を勧めています。このような営業マンは少なくありません。保険会社のことは考えていないし、ましてやこれから加入する人があとでこの風邪が原因で契約を破棄されてしまい保険金がもらえなくなる可能性だってあることをわかっていながら加入を勧めるわけです。

このような生命保険の影技要万は絶対に信用しないようにしましょう。

うつ病の兆候があると保険診査で不利に

確実にうつ病ですと診断されていなかったとしても、うつ病の兆候があるだけでも診査が難色を示される可能性がとても高くなります。それらの症状としては不眠症、更年期障害なども含まれます。これらは自殺につながる可能性が非常に高く、それに伴って生命保険会社としてもリスクが高くなるからです。

また、うつ病の薬をもらっている時点でほぼ診査に落ちるとのこと。

自分でも生命保険になんとか入りたいという気持ちが強くてこれらの症状を隠しがちになりそうですが、正直に答えるしかありません。医師の診断とその後の対処が行われていなければまだ望みはあります。

生命保険診査と高血圧

高血圧は診査で通らない場合が多い

年齢が上がるごとに高血圧になってしまうのは仕方ないことです。多くの方が生命保険加入のためではなく単純に健康面で心配されている方が多いと思います。

だからこそ生命保険の診査では高血圧はかなりの確率で謝絶されます。

今だけ高血圧で普段は違う、は通用しない

最近疲れぎみで、仕事が忙しくて運動不足で一時的に高血圧になっている、普段はこんなに高くない、という言い訳をしても無駄です。今高血圧であることは事実であり、過去はどうでもよいのです。今後高血圧は体に良い影響はなく悪い影響しかないわけで、この事実を認めながら生命保険に加入させる会社はありません。

しかしこれは悪い例であり、実際は高血圧だから生命保険に加入することができないということはありません。ではどうすればよいのでしょうか。

高血圧でも加入は可能

高血圧が全て悪いということはありません。特に加齢とともに高血圧になってしまうのはなかなか避けられないでしょう。
生命保険会社が高血圧に対して不安になっているのは以下のようなことからです。

このように、高血圧の背景が全て明確になっているかどうかが生命保険会社の診査では重要になります。特にこれらは医師の診察を受けていることが重要です。医師によって高血圧が診断され、その対処法として降圧剤を服用しているなども健康管理がなされた上で高血圧であることがはっきりしていれば生命保険診査で謝絶される不安も抱えることはありません。

このことから、高血圧は悪者であり、言い訳や隠し事はすればするほど生命保険加入のハードルは高くなってしまうということです。

刺青・タトゥーは生命保険診査で嫌がられる

刺青・タトゥーに潜む病気

刺青やタトゥーを入れている人そのものが悪いと否定しているのではなく、処置の際にすぐ症状が出ない潜伏期間の長いC型肝炎の可能性が否定出来ないから嫌われます。

潜在的な病気がある場合、その可能性を最初から摘んでおかないと保険会社としては無駄な保険金を支払うはめになります。

刺青やタトゥーがあるとなかなか生命保険に入れないか

いつ入れたか、健康診断はどうか、など細かく聞かれることがあると思います。しっかりと情報がわかっていれば大丈夫ですが、不明点が多い場合などは難色を示されることがあるでしょう。

全て自己責任でやっていることですから、生命保険に入りにくくなるのは仕方ないことですがこれから入れようかと思っている方はこのことも念頭に入れておいたほうが良いでしょう。

健康状態の診査をクリアする方法

生命保険会社の診査はそれほど厳しくない

最近体調が悪い、歳のせいか健康診断で健康ではないと数値が出たりする、と不安になる方も多いでしょう。だからといって生命保険の加入をあきらめないでください。

実は生命保険の診査というのは、一般的に会社で受ける健康診断よりもゆるいと言われています。高額な保険金を受け取る契約になっていれば精密検査があります。それでも血液検査や心電図を取るようなものです。

しかし一般的な生命保険であれば、尿検査や血圧や問診だけで終わります。

健康診断書の提出よりも診査の情報だけのほうが良い

このことから、健康診断書の提出をするような場合はできるだけ避けたほうが良いと言えます。診査の内容よりも健康診断書の内容のほうが詳しい情報が渡ってしまうため、ここで診査にひっかかる可能性が高まるからです。

診査の日までに健康で体調良好な日を準備する

診査は一発勝負ですので、その日までに健康状態は整えておきましょう。血圧が高めの方は診査の日まで血圧が下がる食べ物を毎日意識して食べるだけでも変わります。また風邪気味だったり体調が悪いと感じたら無理をせずに診査の日程を変更してもらいましよう。

健康状態が良好でないと判断されると生命保険の蟹ゆうを謝絶されるか、もしくは入れたとしても保険料が割増になってしまうケースが多いのです。

持病があっても入れる保険は高い

誰でも入れる保険が高いのは当然

通常、健康でない場合は診査の段階で謝絶体として断られてしまうか、もしくは保険料が割高になってしまうなどの条件を飲むことで加入することができます。健康の人と病気になる可能性が高い人とでは保険金が出る確率はどうやっても後者のほうが高くなってしまいます。

ですから保険料が高くなったり、そもそも保険に加入出来ない場合が多いわけです。

しかし最近ではテレビCMで持病があっても入れる保険というものをよく目にします。これは保険には入れるけど、保険料は高いというカラクリがあるから成立しているのです。

持病がある人が支払う保険料の差

持病がある人でも入れる保険は大体通常の保険料の倍はかかると考えてください。保険の内容にもよりますが、それくらい支払うことで持病があっても保険に入ることが可能です。

持病があっても入れる保険の種類

限定告知型

告知の項目が少ないので、ある程度持病があったりしても加入がしやすい保険です。契約から1年間病気で死亡したときは保険金の半額しかもらえませんが、1年経過後は通常の保険金と同額が支払われます。ですから1年間無事に過ごせれば、保険料は高くなりますがしっかりと保険金は受け取れる保険です。

ただし一般的な保険の中では30歳以上しか加入できないなどの年齢加入制限がある場合が多いです。

無選択型

告知する必要がないので誰でも入れる保険です。しかし保険料が一般的なものの3倍にもなるので負担は大きいでしょう。40歳以上の加入条件などを設定している保険が多いです。

契約後2年間の間に死亡したときは払込保険利用相当額程度しか保険金が出ません。また、保険加入後90日以内の入院などは給付金が出ません。

注意したいのが、無選択型は保険料が高すぎるため、貰える保険金よりも保険料のほうが高くなるケースが多く、持病がある場合はこの無選択型ではなく限定告知型のほうが結果的に保険利用が安く済む可能性が高くなります。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ