給付金や保険金に税金はかかる?

noncolle

給付金や保険金に税金はかかる?

今後の生活の糧となる保険金や給付金。ここに税金がかかって持っていかれてしまったら生活に困窮てしまうでしょう。予めどのようなお金にどのような税金がかかるのか把握し、保険だけに頼らない自分自身の守りを固めておくことも必要になりそうです。

税金がかかるものとかからないものがある

入院給付金や手術給付金などの生前に受け取るものは基本的に非課税になります。
しかし死亡保険金は税金がかかります。税金は受け取る人によって相続税、所得税と住民税、贈与税など変わってきます。

夫が自分自身の生命保険を契約していて、受取人が妻の場合、相続税がかかります。
夫が契約者で被保険者が第三者(子どもなど)、受取人が妻である場合は贈与税がかかります。

死亡保険の相続税

『500万円×法定相続人』が非課税金額になります。死亡保険金の受取人が妻と子どもの二人の場合、500万円×2人ということで1000万円までは相続税がかかりません。
この法定相続人の人数には、相続放棄した人も含まれます。妻が相続放棄した場合でも1000万円までは非課税となるということです。

死亡保険の所得税

死亡保険金から支払った保険料の総額を差し引き、さらにそこから一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額の半分が、ほかの所得と合算されて課税されます。

死亡保険金1000万円、保険料200万円の場合、(1000万-200万-50万)÷2という計算になります。この場合は375万円が所得税の対象として支払う計算になります。

死亡保険の贈与税

保険金−110万円=贈与税対象となっています。110万円というのは基礎控除額です。
例えば保険金1000万円の場合、810万円が贈与税の課税対象額となります。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ