保険会社についてのおもしろ情報

noncolle

保険会社についてのおもしろ情報

保険会社が毎日CMを撃ちまくる時代、そんなに儲かるのかと思ってしまいますよね。普段は保険料を払うだけの私達ですが、保険会社の実態を見てみると面白いことがわかってきます。

保険会社の株式会社化

保険会社が株式会社になる

2010年4月に第一生命が株式会社に組織変更しました。それまでは相互会社でした。これにともなって、三井生命や大同生命なども株式会社に変更しています。

株式会社になったことで、保険の契約者が株式を手にしたり現金を受け取ることが出来たりと話題になりました。

生命保険が株式会社になるとどうなるのか

生命保険会社が株式会社になるとどのようなことが起こるかというと、保険契約者に配当が還元されたり、多額の資本を手にすることで将来の経営基盤強化にもなります。資金が集まることで新たな投資も可能となります。

また生命保険会社が相互会社ではなく株式会社であることで合併等もスムーズに行えるようになります。

今まで営利目的で運営されつつも相互会社であったことが不思議なくらいですね。最初に株式会社化した第一生命は、実は日本で初めて設立された生命保険会社でした。これが初めて株式会社化したことで一気に変動が起きたのです。

保険事業とその中身

保険事業というのは、不特定多数の被保険者たちに対して継続的に保険業務を行う事業のことです。テレビCMなどで出てくる保険会社は保険事業を営んでいるというのは誰もがわかっていることでしょう。

しかし国が行う簡保などは保険事業の適用外となっています。保険事業と呼べるのは公的なものではなく民間事業だけということになるのです。

また生命保険事業と損害保険事業は一緒に扱うことは出来ないようになっています。このように考えると保険の内容によって事業者が変わっているのはこのためなのですね。

保険会社の財務健全性

保険会社が破綻する可能性を排除する

保険会社が破綻したり潰れることなんてないだろうと思いますが、実際に過去破綻している会社もありますし、もし破綻したとすれば保険金の額も満額は貰えず最悪4割程度カットされる可能性があるので、時間があれば保険会社の財務状況を調べて、安心して保険料を支払い続けられる会社かどうかを判断することも大切です。

破綻したあとは、即時に解約はできず、10年近くも契約を拘束されてしまう可能性もあるので十分注意してください。

ソルベンシー・マージン比率が200%を切らないこと

春と秋の決算資料で公表されるのがソルベンシー・マージン比率です。これが200%を下回ると業務改善命令が出されます。これは予測を上回るリスクに見舞われた時に保険金の支払余力がどれだけあるかを示したものです。

例えば大災害や景気低迷など予測がつかないことが起きた時に持ちこたえられだけの財務力があるかどうかがわかります。だいたい500%あれば安心して入れる保険会社といえるでしょう。

保険財務力の格付けにも注目

格付会社によってランクづけされます。ABCの評価がつけられるので、どの保険会社が良いか悪いかがすぐに判断出来ます。

  1. ムーディーズ・ジャパン
  2. スタンダード&プアーズ
  3. ㈱日本格付研究所
  4. ㈱格付投資情報センター
  5. フィッチ・レーティングス

これらの格付会社によって保険会社は格付けされます。原則毎月更新されます。BBB以上のランクであれば大丈夫と言われています。BBBの上はA、AA、AAAという順番に格付けされます。

ポイントとしては、格付会社によって評価が微妙に違うので、複数の評価を見て格付けを判断るとより正確になるでしょう。

保険会社が破綻したらどうなる?

実際に保険会社は破綻している

過去、日本では保険会社は実際に破綻しています。そのときどうなったかというと、保障は大幅にカットされてしまい、今まで払い続けていた保険料の相当額保険金は支払われないという結果になりました。

現在、大手の上場企業であっても簡単に破綻してしまう時代ですから、保険会社が合併したりしていたとしても破綻の可能性はゼロではありません。

保険会社が破綻した時の私たちのお金はどうなるのか

生命保険会社が破綻すると、生命保険契約者保護機構によって『責任準備金の90%』が補償されます。これは今まで何かあった時のためにと生命保険会社が積み立てていたお金のことです。これの90%が補償されるということです。

死亡保障1億円の場合は9000万円は補償されます。

9割補償は現実的ではなく実はもっとカットされる

破綻しても9割補償されるならいいかと思う方もいそうですが、実際はこんなに補償されるとは限りません。

実際には相当経営状況が悪化していると考えられますので、予定利率の引き下げが行われる場合が多いです。これをされてしまうと、満期で受取る額の40%以上がカットされます。要するにもらう保険金額が半額程度まで減ってしまうのです。

破綻したら解約できなくなる場合がある

生命保険会社が破綻してしまい、色々なカットが一気に入りますが、早く解約してしまいたいと思っても、早期解約控除を実行されている場合が多く、解約できない足止め状態になる場合があります。やめたくてもやめられない状態になり、結局大きな打撃を受けてしまいます。

これは保険会社本位の考え方になりますが、一気に解約されてしまうと保険会社が本当にゴミになってしまいますので、立て直しのために必要な資金を確保できるようにして解約を食い止めることができるのです。

一定期間解約できないものですが、一定期間というと1週間とか1ヶ月とかを想像しがちですが、だいたい10年以内とされています。長すぎですよね。これにどうすれぱ゛よいかというと、破綻しない健全な経営状況にある生命保険会社を見極めて選ぶしか方法はないのです。

もしくは経営状況が悪いなと思ったら解約するなどして予め手を打つ必要があります。

保険金の不払い事件

大手生命保険会社が保険金を不当に支払っていなかった

保険金の不払い問題は誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。しかしどれくらい問題があったのかを認識している方は多くはないのではないでしょうか。ただ保険金が支払われていなかった、というだけではないのです。

2005年に大手生命保険会社で保険金が支払われていなかったことが発覚しました。これだけであればミスや悪さをしたのかなと思いがちですが、この会社以外の28社の生命保険会社が保険金の不払いがあったことがわかって問題になったのです。

さらに生命保険会社だけでなく、損害保険会社においても26社が不払いがあったことがわかって大問題になったのです。これはたまたまではなく、不当に支払われていなかったという陰湿なものでした。

どのように保険の不払いが行われるのか

普通に考えたら何かが起こったら保険金が貰えるのが当たり前ですよね。しかし、何か病気、事故等が起きてから生命保険会社に問い合わせると、『保険金の支払いはできません』と断られる陰湿なものから、複数の保険内容から保険金が貰えるはずなのに、単体でしか保険金を支払っていなかったケースなどです。この場合は入院給付や手術給付などがとても多いです。またダントツで多いのは通院給付金の不払いです。

このように、自分で何に対して保険金が支払われるかということを生命保険に加入したときに全て理解した上で把握しておくことが重要です。何も知らないままだと保険金を支払ってこない場合があるのです。

このことからも定期保険等についている特約は全て内容を理解しておく必要があります。また理解できないようなら特約はつけておいても保険料が高くなるし、保険内容も複雑になるので保険金の不払いが起こる確率も高くなると言えます。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ