生命保険に入る目的を明確にしよう

noncolle

生命保険に入る目的を明確にしよう

生命保険は自分に何かが起きても遺族に経済的負担を掛けないようにするための保険なのか、自分が病気になった時の医療費を捻出するためのものなのか、このように誰が保険金を受け取ってお金に困らないようにするかを明確にする必要があります。

受け取る人数もひとりではなく何人も指定出来ます。子どもが多い家庭では受け取る人数に伴い必要な額も多くなる傾向があります。何人が保険金をあてにしているかによっても必要な保険金額が変わり、毎月支払う保険料も増減するのです。

どのようなお金に困る状況が考えられるか

夫が死亡してしまったら生活費が途絶えてしまう、という場合は死亡保障のついた保険に入るでしょう。医療保障もつけておかないと入院や手術になって高額医療にかかってしまったら大変だから医療保障もつけるでしょう。

妻も働いている場合は同様に妻も保険にはいる必要がある場合も。その必要な保障額はそれぞれいくらくらいなのか、ということも重要です。

そして何歳まで大金が必要なのか、子どもが成人したらそんなに大金となる死亡保障は必要か、医療保障だけで良いのではないか、など、将来設計も見据えて保険の目的を決める、あるいは変更する必要があるのです。

保障内容と保障期間、保障額を考える

生命保険を選ぶ前にどのような保障が必要か、いつ必要か、いくら必要かを考えます。これが明確になっていないとどんな生命保険を選べばよいかわからないまま適当に加入して損する場合もあります。

生命保険加入の目的は夫が死亡してしまったときの生活保障であったり、老後の生活保障、万が一の医療保障であるなど人それぞれ必要な保障が変わります。

また子供が成人したら保障は不要になるのか、自分が死ぬまで生涯必要になるのかなどの生命保険の期間も考えておく必要があります。

健康保険、年金などの不足分を補うようにする

一般的に生命保険は入っておいたほうがいいということで加入する人が多いですが、実は健康保険を利用したり年金を考えると、高い生命保険に入る必要がない場合もあります。実際にお金が不安だと思うときにどのような公的保険があり、それがどれだけ不足しているかを考えてみましょう。
この不足部分をカバーするのが生命保険です。無駄な保険料を支払う必要ありません。

生活が苦しくなるような高い保険料は支払わない

毎月の保険料が高ければ高いほど手厚い保険になることは確かですが、日々の生活を圧迫するような高い保険料は生活苦を招くだけです。生活費から見て無理のない額で保障を受けられるのが生命保険の良いところです。

支払える保険料で必要な保障が受けられる妥協ポイントをしっかりと見定めていくことが重要です。

預金と生命保険の違い

必要なときすぐに大金が用意できるかどうか

生命保険の保険金が500万円だった場合は加入したその日に何かが起こってもその場で500万円を受け取ることができます。
しかし預金の場合だと500万円貯まるまではそんな大金はあるはずもなく、お金で解決できることもできません。これが預金と生命保険の大きな違いです。

何かが起きた時に普通では用意できない金額が必要になることがわかっていて、不測の事態に備えるのが生命保険です。
逆に預金は子供の入学時期と費用がある程度わかっている場合にするものと考えると違いがわかりやすいですね。

解約して損する場合があるのが生命保険

預金はいつ解約して全額引き出しても損することはありません。しかし生命保険の場合は今まで掛けていた額が全額戻ってくることはありません。いつまで払い続けるからこれくらいの保障額と内容を保障しますという契約のもと毎月掛け金を支払うわけです。

ただし解約返戻金という解約時に返ってくるお金がありますが、これも保険の種類によって変わります。定期保険はほぼない、終身保険・養老保険はかなり戻ってくると考えてよいでしょう。詳しくは解約返戻金とはのページで解説していますので見てみて下さい。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ