保険料の支払い方と支払いを忘れてしまったときの対応まとめ

noncolle

保険料の支払い方と支払いを忘れてしまったときの対応まとめ

生命保険に加入したら、毎月の保険料を収める必要があります。毎月一定額などを支払っていきますが、その支払い方法と何らかのトラブルで支払えなくなってしまったときの対処法などを解説します。

保険料の支払い方法

保険料の支払いの事を『払い込み』といいます。支払い方法にはいくつか種類があります。

口座振替・・・指定口座から自動引き落とし
団体扱い・・・勤務先などの団体から払い込む(割引あり)
集金扱い・・・集金担当者に払い込む
振込扱い・・・生命保険会社の口座に払い込む
店頭扱い・・・生命保険会社の店頭窓口に持って行き払い込む

保険料の払込回数
一時払い・・・保険期間の保険料を一括で払い込む(かなり割引)
年払い・・・保険期間中に1年間分を各年に払い込む(割引あり)
半年払い・・・保険期間中の各年に2回払い込む(割引あり)
月払い・・・保険期間中の各月に1回ずつ払い込む

最初に頭金としてまとまった金額を一度に支払って、毎月の保険料額を減らす方法やボーナスでまとまった額を支払う方法もあります。

保険料の払込を忘れたら

保険料は毎月決まった払込期間内に支払う必要があります。もし忘れてしまったら、猶予期間が設けてありますのでその間に払い込めば大丈夫です。
この猶予期間に間に合わない場合、支払わない場合は契約が失効します。

失効後一定期間内であれば復活することは可能です。保険会社への手続きが必要になりますが保険料が一時的に支払えない場合などは失効と復活の手続きをすることも可能というわけです。

保険料の支払いができないときの対処法

自動振替貸付を利用して保険会社からお金を借りる

保険料の支払いができなくなってしまった場合、一定期間猶予があります。その間に支払えば大丈夫ですが、それを超えてしまうと解約なってしまいます。しかし今まで支払ってきた保険料もあるし、これからの保障も考えるとできれば支払いを待って欲しいですよね。

その時に利用できるのが自動振替貸付です。これは解約返戻金の範囲内で自動的に保険料を建て替える制度です。

自動振替貸付の注意点

自動的に解約返戻金を保険料に充当するように貸してくれるものですが、生命保険の契約のときに利用しない契約にしてしまうと適用されません。
また終身保険、養老保険のように解約返戻金があるものでしか利用できません。解約返戻金がない保険では利用できないということです。

自動振替貸付は短期間の利用に留める

自動振替貸付によって支払われた保険料には利息が付けられてしまいます。自動で充当されるのではなく、借りているというのがポイントです。ですので早いうちに返済してしまったほうが負担は軽くなります。

自動振替貸付の返済方法は一括や分割のどちらも可能です。

いつまで保険料が支払えないかわからないときは

一時的に保険料が支払えずに、しかしこれからも生命保険に加入していたい場合は払込猶予期間、さらに自動振替貸付を利用してこれからも生命保険契約を続けます。

しかし今後いつまで保険料を支払えない状態が続くかわからない経済状況の場合、解約も考える必要があります。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ