女性の生命保険

noncolle

女性の生命保険

女性は独特のライフステージの変化があるため、男性よりも少しデリケートに生命保険を考える必要があるかもしれません。

妻、専業主婦こそ生命保険に入る必要がある

妻が亡くなってもお金が入ってこないことはデメリットでしかない

夫が死亡したときに生命保険が入る場合当面の生活費は確保できます。さらに夫名義で住宅ローンを組んでいればそれも団体信用生命保険によってチャラになるので住む場所もお金の心配もなくなります。さらに18歳以下の子どもがいる場合は遺族年金が入る場合もあり、夫が死んだときは手厚い保障を受けられる可能性がとても高いです。

しかし妻が生命保険に入っていない場合は、保険金は入ってこない、住宅ローン名義は夫のものなので団体信用生命保険は適用されずローンを払い続ける、さらに遺族年金は入りません。さらに今まで育児や家庭のことをしてくれていた専業主婦だった妻の代わりも自分でしなくてはいけず金銭的な負担はなかったとしても精神的、肉体的負担はかなり重くなります。

妻の死後、経済的に余裕があったほうが良い

妻の死後、子どもの育児や生活にかかるお金を考えるとお金があれば解決できることがたくさんあります。託児所の利用や食事の手間などお金があれば残された夫や子どもは楽になります。専業主婦で収入がないし、生命保険に入るのは夫だけでいい、というのは実際に妻が死んだ後そうでもない場合が多いのです。

それほど大金になる生命保険でなくてもよいのです。死亡したときにある程度の金額が入ってくれば葬式費用等にも充てられますし、夫は妻の死後も働くわけですから収入の心配はありません。保険金が高くなければ毎月の保険料も2000円以下の生命保険だってあります。

何歳までいくらの保険金が入れば遺族が安心して生活できるかを考えて無理のないような生命保険を選んでみてください。

妊娠したら生命保険に入れない?

妊娠すると生命保険に入るのは相当厳しい

怪我をしたり病気にかかったりすると保険に加入できなくなることが多いのはご存知だと思います。しかし女性の場合はさらにハードルが高く、妊娠した場合も同様に保険に入りにくくなります。妊娠自体が怪我や病気と同様ということではありません。出産時の母体へのリスクがあるために保険加入を認めないところが多いのです。

生命保険に加入するときに「現在妊娠していますか」という質問に対して嘘をついてしまうと「告知義務違反」となり保険金は支払われませんので正直に書くことをお薦めします。

妊娠前に保険に加入していた場合

また妊娠前に加入した保険があると思います。正常分娩であれば保険金は支払われませんので覚えておきましょう。帝王切開などの異常分娩の場合は保険金が支払われることになっています。

続いて、帝王切開で出産したあと、新たに保険に加入したい場合は「過去の手術歴」に帝王切開を記入する必要があります。しかし帝王切開のみ手術後3年~5年以上経過しないと保険金が支払われません。

ですから女性の場合は妊娠する前に保険に加入しておいたほうが入りやすいのです。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ