生命保険の配当金とは

noncolle

生命保険の配当金とは

生命保険は基本的に長期間加入していることがほとんどです。この期間内に保険料を運用して利益を出しているわけですが、このときに予定していた利回りを上回ると当然ながら余剰金が生まれます。
この余剰金ができた場合に保険の契約者にその分が配当金として支払われます。

ではどのような場合に余剰金が発生するのでしょうか。

死差益、利差益、費差益の3パターンで配当金が発生する

死差益とは

想定していた死亡者数よりも実際の死亡者数が少なかった時は、保険金を支払わず保険料だけがどんどん積み上がるため、当然保険会社にはお金が貯まるわけです。これが死差益です。

利差益とは

保険料で運用した利益を得ます。このときに予定していたよりも多くの利益が出た場合利差益が発生します。通常このようなうまい運用ができれば良いですが、市場動向等があるため確実に利回りが良い方向に動くとは限りません。

費差益とは

予定していた事業費がそれほどかからなかった場合、ムダがなければその分お金が余りますよね。これが費差益です。

配当金がある保険、ない保険

全ての生命保険に配当金制度があるわけではありません。プランによっては配当金がつかない場合もありますので注意してください。

無配当型

無配当型はそのままですが配当金はありません。ただし保険料が安いのが魅力です。配当金は余剰金が生まれて初めて貰えるわけですから、不確定要素のために高い保険料を毎月支払うことは出来ないという方は、保険料の安い無配当形保険に加入することが多いと思います。

有配当型

毎年の決算で余剰金が生まれると死差益、利差益、費差益が配当金として支払われます。ただし保険加入後すぐに貰えるわけではなく、契約後3年目から配当金が貰えるようになります。それは保険料の支払額等を考えれば当然ですよね。

利差配当型

保険会社による運用利回りが良い利差益のみを配当金として受け取る保険です。

配当金の受け取り方

配当金は単純にお金をもらうだけではありません。どのような形で配当金を受け取るかを決められます。

  1. 満期時や死亡時に受け取ったり、配当金を積み立てておいて引き出す方法
  2. 配当金を利用して保険をさらに充実させることに充てる方法
  3. 保険料として配当金で支払う方法
  4. 現金で受取る方法

このように配当金は様々な形で受け取ったり利用することが可能です。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ