遺族厚生年金と遺族基金年金とは

noncolle

遺族厚生年金と遺族基金年金とは

自分で生命保険に入らなくても遺族がもらえるお金のことです。場合によっては生命保険に入らずとも遺族の生活がある程度保障されることがわかるでしょう。

遺族基金年金とは

国民年金から支給される遺族年金

遺族年金基金は国民年金から支給される遺族年金です。
しかし誰にでも支給されるものではなく、18歳までの子供がいる妻に対してだけに支払われます。

子供が18歳の歳の年度末まで1年間に約102万円が支払われます。年度末が過ぎると支給が終わります。

また妻にだけ支払われるもので、18歳までの子供がいても夫の場合は支払われませんし子供がいない妻にも支払われません。

ただし両親が亡くなった場合は子どもに支払われます。

遺族厚生年金

会社員が亡くなった時に貰える

会社員の夫が亡くなると遺族厚生年金が支払われます。基本的に妻は一生受け取ることができます。
遺族厚生年金を受け取れるのは妻だけでなく、配偶者はもちろん子ども、父母や孫まで受け取ることが可能です。

さらに現在会社員ではなく自営業者であっても、以前会社員だったときに厚生年金に加入していれば遺族厚生年金を受け取ることができます。

ただし死亡時30歳未満で、子どもがいない場合は5年間しか受け取ることができません。

会社員でなくても遺族厚生年金が貰える条件

遺族厚生年金をもらうためには厚生年金への加入期間が条件となります。

国民年金加入期間が合計25年以上あることです。成人後しっかりと支払っていれば45歳以上であれば満たすことができます。

保険の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ