藍染せっけん 徳島で有名

古来から肌着に使われる藍を使ったお肌に優しい石鹸

藍染せっけん

アトピーや乾燥肌などのトラブルに悩んでいる方にとても人気のある天然成分で作られた石鹸、それが藍染せっけんです。ロハスな方はかなり以前から購入していたようで、隠れたブームになっています。肌トラブルに悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

日本で昔から使われてきた天然成分だから安心

藍染せっけんの成分として使われているのが藍です。
これは昔から日本で繊維などに使われる染物で、誰もが存在を知っていますし、使ったこともあると思います。ずっと使い続けられていることからも私たちの生活に有害なことはないことが想像できます。

もともとは武士の時代に身につけられていた肌着に使われていた染物です。肌に悪影響を及ぼすとしたら肌着としては使われなくなってしまいますよね。さらに現在でも赤ちゃんの肌着としても使われるくらい安全で安心の素材だからこそ、石鹸としての利用価値がありました。

天然成分で科学成分を一切使わない石鹸であることと、見た目がとても落ち着いていてデザイン性に富んでいること、色が私たち日本人に合うことから、ロハス志向の方が今でも大量に購入しています。

ジャパンブルーはスベスベ感の源

藍染せっけんの青は合成着色料を一切使っていない天然の色で、本来日本が使っていた青です。これをジャパンブルーと言い、心が落ち着くカラーとして海外からも人気が高いカラーです。

この藍色がお肌をスベスベにする成分を含んでいます。
それが「トリプタンスリン」という独特な成分です。
もともと藍農家の人たちの手がスベスベだったということはその地の人たちでは当たり前のことで、それを石鹸として利用することでお肌のアンチエイジングや美肌効果があると最近の研究で明らかになっています。

テレビでは「魔女たちの22時」にて女性芸能人が藍に染めた布を数分パックしただけで、なんと肌年齢が8歳も若返ったという驚きの結果もあるほどです。それほど「トリプタンスリン」という成分にお肌への良い効果が期待できるということ。

最近天然成分の商品を買う人以外にも藍染せっけんが人気なのがこれでわかると思います。

お薦め藍染せっけん

ふたえ・紙ふぶき
紙ふぶきは、ツバキ油をたっぷり使用した贅沢な白い洗顔石鹸に、藍入りの石けんがはらはらと舞います。穏やかな洗い上がりの石鹸で、乾燥肌の女性に人気です。
楚々とした和風美女のイメージで天然由来の香料をブレンドし、しっとりとした落ち着きのある香りに仕上げました。

ふたえは、藍と白をシンプルに重ねました。
無農薬栽培の藍の葉から抽出したエキスをふんだんに配合した藍農園を持つ藍色工房ならではの洗顔石鹸です。アンバランスな皮脂のコンディションにお悩みのお肌に最適の使用感となるオリジナルレシピを開発しました。非常に贅沢な配合となっています。

どちらも手作りで作られています。
手作りですので売り切れ・品薄状態が続くこともしばしば。購入はお早めがお薦めです。

藍染せっけんの使い方

最近有名になり、類似品が多く出回っています。徳島県の藍農園産で化学成分が入っていない上記の藍色工房の石鹸を使ってください。本来の効果を発揮できません。

さて、使い方はとても簡単。


  1. 藍染石鹸を使う前に顔を冷水で軽く洗っておきましょう。

  2. 泡立てネットを使って柔らかい泡を作る。

  3. 泡で包み込むようにして素早く洗います。

  4. 冷水でサッと洗い流して終わりです。

固形石鹸ですので、泡立てネットは必須です。ない場合は100円ショップなどで購入しておきましょう。