レイトン教授と不思議な町レビュー

ニンテンドーDSで大人から子供まで支持を集めたゲーム

テレビCMでも話題のレイトン教授と不思議な町。 レイトン教授の声に、大泉洋、ルーク少年の声に堀北真希を起用し、さらに美しいアニメーションを多用するなど、魅力的なビジュアル面を持っていますが、それ以上にゲームとして面白いクイズを出題してくれます。

グラフィック・アニメーションが秀逸

レイトン教授と不思議な町では、ヨーロッパの古い風景を思わせる暖かいグラフィックでゲームが進んでいきます。
さらにBGMもずっと聴いていても飽きない美しいものばかりです。
個人的にはとても好きな、落ち着いた色合いと落ち着いたサウンドで私たちを迎えてくれます。

このようなグラフィックとサウンドが上手く融合しているので、すんなりと世界に入り込むことができます。

クイズがメインではありますが、アドベンチャー的なゲーム構成ですので、このようにゲームの中の世界観を前面に押し出すのはアリですね。
ただのクイズではなく、登場人物や世界設定があるだけで楽しみは広がります。

やはりクイズが面白い!難しい!

レイトン教授と不思議な町はゲームを進めていく上で街の住人からクイズが出題されていきます。
これをクリアすることになるわけですが、なぞなぞのようなものから頭をひねってしまうようなものまで多岐にわたります。

累計120万部突破の「頭の体操」の著者・多湖教授が監修するだけあって、一味も二味も違います。
簡単なレベルのものからちょっと難しいものまで幅はありますが、子供にはちょっと無理かな、という印象を受けます。

キレイなアニメーションや優しいグラフィックは子供向けというよりも大人が癒されるため!?と思ってしまいました。確かに心安らぎます。

問題を解いている間は制限時間もなく、じっくりと解けるのもうれしいところです。
さらにタッチペンでメモも自由に書けるので、電車の中でも頭をフル回転させてクイズに挑むことも可能です。

個人的に楽しいと思ったレイトン教授と不思議な町の遊び方

レイトン教授と不思議な町の問題には簡単なものと難しいものの差が少しあるように感じます。
解けないとイライラするし...という方は2人以上で友達と一緒に問題を解いていくのもひとつの楽しみ方なのでは?と思います。

クイズは自分だけで自分の力で解きたい!!という人は別ですが、何人かで答えを試行錯誤するのもなかなか楽しいものです。
ぜひレイトン教授と不思議な町を大人の遊ぶ時間としてプレイしてみてはどうでしょうか。

Topゲーム > レイトン教授と不思議な町レビュー

▼さらにレイトン教授と不思議な町レビューについて調べる