名刺交換のマナー 社会人の第一歩

社外に出たときに恥ずかしくない名刺交換のマナーを身につきましょう

名刺交換のマナー

社会人になると誰もが経験する名刺交換。最初は慣れないもので、どのようにするのが礼儀正しいかわからないものです。特に営業職以外だと名刺交換の機会も少ないため、マナーを忘れがち。今一度名刺交換のマナーを覚えておきましょう。

名刺を分散して持ち歩く

名刺交換のマナーまず初歩的な部分ですが、名刺をいつでも切らさないということが最大のマナーです。
いつ誰が来客として訪れるかわかりません。名刺入れに全ての名刺を入れるのではなく、カバン、スーツの内ポケット、財布、机の中など、色々なところに分散して持つようにし、いつでも名刺の在庫があり、交換できるような状態を保つことが大切です。

名刺交換のマナー

交換方法名刺交換は基本的に立って行います。
まずは名刺入れから名刺を取り出し、名刺入れの上に重ねるようにして両手で胸の高さで名刺を持ちます。

次に相手の持っている名刺よりも低く構えることによって謙虚さをアピールできますので、場合によって使うと良いかもしれません。
相手が名刺を読めるようにして持ち、右手で差し出して、左手で受け取ります。
このときに、会社名、部所名、氏名を言いながら交換するのがマナーです。
もしあなたが交換相手よりも目下の場合、あなたの名刺を差し出して受け取ってもらってから、相手の名刺を受け取りましょう。

また、複数人で交換する場合は、上司から順に名刺交換し、部下である人物が最後に交換していきます。上下関係のマナーをしっかりと覚えておきましょう。

名前が読めない場合はその場で確認しておくことが大切です。
また、「素敵なお名前ですね」などと名前の話題を出すのもよくあることで、その場を和ませる効果があります。名刺交換に慣れてきたら使ってみてください。

受け取った名刺へのマナー

バインダー受け取った名刺はすぐにしまわずに、着席した際にテーブルがある場合などは、名刺入れの上に乗せてテーブルに置くか、テーブルに直接置きます。
複数人と交換した場合は、座った相手と同じように名刺を並べておくと名前と顔が一致しやすくなります。

名刺をしまうときは、商談、打合せなどがそろそろ終わる、というときに自然にしまうのがマナーです。
話を切り上げるときに入れるのがよいでしょう。
また、相手の動作に合わせることも大切で、その場にあわせて名刺をしまうタイミングを見計らいましょう。

名刺交換の一言マナー

名刺を渡すのが相手よりも遅くなってしまった場合、「申し遅れました」と言って差し出すようにしましょう。名刺入れなどが見つからない場合は先に相手から受け取り、一言添えて交換するのもマナーとしてはありです。

名刺が足りなくなってしまったり、忘れてきてしまった場合は、そのまま名刺を忘れたなどとは言わないようにしましよう。
「ただ今名刺を切らせてしまいまして」などというのがスマートです。

名刺交換のテクニック

名刺交換する際には笑顔で、リラックスして行いましょう。
ガチガチになって警戒されるようではあなたを知ってもらえなくなってしまいます。

名刺交換の際には相手の会社の対応がよかった、などと褒めることも大切です。
いきなり取引や売り込みの話をするのではなく、相手との距離を縮めましょう。
さらに相手の不満などを聞きとることで、リラックスさせ、さらに何を必要としているのかを分析しましょう。