排水口の掃除方法 重曹で風呂、キッチン、洗面も

排水溝はぬめりが一番気になるところ。簡単な掃除でキレイにしましょう

排水口の掃除方法

排水口はぬめりや臭いなど、汚れていてあまり触りたくないものです。
ついつい掃除を敬遠しがちですが、実は排水口の掃除はとっても簡単なのです。

用意するもの

  1. 重曹
  2. お酢
  3. 熱湯

たったこれだけです。
もしも汚れが強い場合はこすり落とすので、使い古した歯ブラシなども用意しておくと良いかもしれません。

普段の排水口掃除方法

まずは排水口部分のとれるものは全てはずします。
カバー、ゴミ受け、配水管のふたなどです。

排水口に重曹をまんべんなくふりかけます。
このまま30分ほど放置し、その間にお湯をたっぷり沸かしておきましょう。
沸かしたお湯を排水口へ流します。
臭いや汚れがとれない場合はこれをもう一度繰り返してください。

排水口のぬめり、汚れ、臭いをとる方法

まずは普段の掃除と同様全て外し、塩素系洗剤に30分程度つけてから歯ブラシなどで汚れをこすり落とします。

排水口には重曹をふりかけ、温めたお酢を排水溝へ流し込みます。
すると白い泡がモコモコとでてくるので、この状態で30分程度放置します。
その後熱湯を注いで洗い流しましょう。

それでも汚れが落ちない場合には、歯ブラシなどでこすり落とします。

配水管などの汚れや臭いなどがどうしてもとれない場合は、市販のパイプ用洗剤などを流しておいて、数時間後に洗い流すことをお薦めします。

排水口を常にきれいを保つ

排水口のぬめりや臭いなどはどうしても避けられない物ですが、できるだけ抑制することも可能です。

  1. 排水口のゴミ受けに100円ショップなどの網の袋をかけてすぐ捨てられるように
  2. 重曹による掃除を定期的にする
  3. 油ものはふき取ってから洗う

などの日頃の対策が必要です。