バークレー 大学や観光、町の紹介

学園都市、バークレー

バークレー

バークレーはアメリカ西海岸、カリフォルニアにある街で、学生が多く集まる街でもあります。UCバークレーは名門大学として世界から学生たちが集まってきています。

バークレーの場所、気候

サンフランシスコから、リッチモンド(Richmond)行きの高速電車BART(Bay Area Rapid Transit)に乗って40分ほどで着くバークレー

BARTには、ダウンタウン・バークレーとノース・バークレーと2つの駅がありますが、UCバークレーのある、街の中心地で見所のあるのは、ダウンタウン・バークレー駅。

ちなみに、一番最初にできたUniversity of CaliforniaがUCバークレーです。バークレーはこの名門UCバークレーを中心に発展した学園都市であり、ヒッピー文化の発祥の地と言われています。

バークレーは気候も安定していて、夏は涼しく冬は暖かく、という最高の環境で生活でき、学生はゆったりと勉強ができるのんびりとした街。夏でも夜は特に上着がないと寒かったり、冬でも昼間では半袖のTシャツ1枚で歩いていても汗をかくぐらいの温かい日もあります。

大学、UCバークレー

BARTのダウンタウンバークレー駅から出るとすぐ目の前がUCバークレーです。
地図を見なくても駅からすぐ行ける近さで観光にはもってこいの場所。

バークレーのスケートショップここUCバークレーは山を切り開いてそこに広大な校舎を建てているので、キャンパス内には急な坂や森がたくさんあり、山の頂上のほうにある校舎まで登るのに、まるで登山をしているような錯覚に陥るぐらい、とても広大な敷地に大学があります。

キャンパス内には川が流れていたり、森があったりリスがいたり、と日本では考えられない自然環境。
穏やかな環境の中で学生だけでなくバークレーの街の人々の憩いの場になっています。

大学内の売店、お土産ショップ

UCバークレーのお土産屋正門近くには売店があり、UCバークレーグッズや本、スナックやドリンクなども売っています。
ここは生徒だけでなく観光客もUCバークレーのグッズを買いによく訪れる場所です。
グッズはアメリカの大学ではよくあるもので、Tシャツやパーカー、マグカップやタオルなど、一通り揃っています。
テレビなどでアメリカの学生がよく大学のロゴや名前が入った服を着ていたりするのはこのようなショップが大学内にあるからです。また、アメリカの学生は自分の大学に誇りを持っている人が多いとも言われています。

UCバークレーの図書館

UCバークレーの図書館は誰でも入ることができ、本を読むこともできる立派な図書館です。
館内のコンピューターは学生証がないと使えませんが、アジア関連の資料図書室には5台ほどのPCがあり、これは誰でも利用でき、インターネットまで繋ぐことができます。ただし持ち込みのノートパソコンを繋ごうとしても使えません。

街のシンボル、セイザー・タワー

バークレーの時計台バークレーの観光で必ず見に行くUCバークレー。
その中でもほぼ全員が行くと言ってもよいのがUCバークレーのシンボルである、セイザー・タワーです。
このセイザー・タワーは時計台としてUCバークレーに時を刻んでいる歴史ある建物です。

セイザー・タワー付近は少し高台になっていて、ほか場所よりもきれいに舗装され、木陰になる木々やベンチ、芝生などもあり、とても落ち着いてリラックスできる空間になっています。
昼になるとセイザータワー周辺でランチをとるUCバークレーの学生の姿を見ることができます。

このセイザー・タワーは誰でも屋上の展望室まで登ることが出来ます。
まずセイザー・タワーの入り口を入ると、右側に受付カウンターがあり、正面にはエレベーターがあります。 受付で荷物などを預けて$2を払い、エレベーターに乗って展望フロアへと上ぼることができます。

セイザー・タワーの展望台

UCバークレーのセイザータワー展望台へはエレベーターで最上階まで行き、そこからさらに階段をのぼり、そして展望台へとあがっていきます。

そこからはUCバークレーのキャンパスがとても美しく、ひとつの街を作っているかのように眺めることができます。
この写真の下に見える四角い建物はUCバークレーの校舎の数々。校舎が大きな木々に囲まれているのがわかるでしょう。まさに森の中にあると言ってもよいほど。

UCバークレーのセイザータワーそして遠くにはサンフランシスコ湾も見ることができます。セイザー・タワーは天気の良い日に行くのがベストです。

この展望台には窓がなく、開放的にバークレーの街を眺めることができるのも素晴らしいところ。気温の高い日などは風がとても気持ちよく、雲もない澄み切った空と美しいキャンパスという絶景に、ずっとここいたい、という気持ちにさせてくれるでしょう。

UCバークレーのセイザータワーそしてこの展望室の頭上には大小いくつもの鐘があり、時間になると鐘が鳴って時を知らせてくれます。ちょうど鐘が鳴るときに上ると、とてつもなく大きな音にそこにいる人全員が驚くでしょう。

バークレーでインターネット接続

バークレーでインターネットをしようと思ったら、コピーセントラル(Copy Central)というコピー屋さんで高速インターネットを利用することができます。

バークレーのインターネットカフェ場所はユニバーシティーアベニュー沿いのシャタック・スクエア。
バートのダウンタウンバークレー駅周辺にあり、Copy Centralという文字が大きいのですぐにわかるはず。

正面の入り口からはコピー機しか見えませんが、奥に入るとパソコンが数台並んでいて、そこを使うことができます。
使い方は、正面入り口側のPC近くに名簿があるので、名前と利用する開始時間を記入して勝手に使い始めます。

バークレーのインターネットカフェ終わったら店員に声をかけて、その名簿の記入時間から請求書を書いてもらい、正面入り口のコピー機のカウンターで請求書を渡して清算します。

インターネットのほかフォトショップやイラストレーションのほかビジネス系ソフトがインストールされていて、同一料金で利用することができます。料金は1分¢15。
また、自分のノートPCを持ち込んでLAN接続もできるのも便利。
バークレーの中心にあるのでとても利用しやすいと思います。

一番の古着屋、バッファロー

バークレーの古着屋UCバークレーからテレグラフ・アベニューを下ったところにバッファローという、古着屋があります。
古着といっても日本のようにビンテージや高価な1点モノというようなイメージではなく、本当にリサイクルショップ的な感覚で売られています。

店内は広々していて、たくさんの服や靴、アクセサリーが並んでいます。やはり中古なのでTシャツなどは首の部分がデロデロになっていたりするものが多いですが、中にはまだしっかりしたものや、ほぼ新品に近いものがいくつも発見できます。

タグの色が白くないものは恐らく新品で、値段も他のものよりは高いですが、モノは当然よいものばかり。Tシャツ1枚当たりの値段は7ドル~18ドル程度で、さらに値札に「SALE」という赤いスタンプが押されている商品は、その値段からレジで半額~半額以下になります。

UCバークレーがあり、学生の街ということで、若者向けのストリートブランドなども多く、価格も定価の1/10程なので、とてもお買い得。
さらに回転が早いのでこの前みつけた服が今はもうない、ということも当たり前。 欲しい服はその場ですぐに買うのが鉄則です。

スケートショップ 510Skate boarding

バークレーのスケートショップ510 Skate boardingは、テレグラフ・アベニューをUCバークレーからずーっと下り、バッファローの手前、反対側にあるスケートボードのショップ。

ここはかなり小さいショップが密集している場所にあり、一見スケートボードショップかどうかわからないかもしれない小さなショップです。
洋服、スニーカーなどのアパレルの店舗と板を扱う店舗が別になっていて、すぐ隣にそれぞれ位置しています。

バークレーは特に、ベイエリアではスケーターがとにかく多く、このようなスケートショップもいくつか見かけることができます。

ここはショーウィンドウにスケート用のスニーカーが並んでいて、ナイキのSBシリーズはとにかく安い。
日本の半額以下の価格だったり、セール商品であればさらに格安で買うことができるので、スニーカーマニアにはたまらないショップとなっています。
日本ではナイキSBシリーズは価格が釣り上がっていて普通に考えても買うのがバカバカしくなるものばかり。サンフランシスコのヘイトにもスケートボードショップがあるので、DUNK SBなどはアメリカに行った時に買うのがベストかも。