7月22日 皆既日食のスポット どこで見れる?

月が太陽に重なるビッグイベント!皆既日食です。

7月22日 皆既日食のスポット

2009年7月22日の皆既日食は上海がベストスポットと言われています。日本では奄美大島などが一番よく見れるスポットとされています。
それでも奄美大島には行けない人がほとんどですよね。関西は大阪や関東では東京など、日本で観測できる皆既日食のスポットをご紹介します。

奄美大島周辺

屋久島、奄美大島、悪石島ではほぼ完全に皆既日食となります。この地域では皆既日食の食始めが9時35分21秒頃から始まります。最大の皆既日食の時間は10時56分28秒ですので、ここが一番感動する場面ではないでしょうか。

皆既日食が終わるのが12時21分26秒頃です。
できるだけ最初から最後まで観察してみたいですね。

東京(関東) 大阪(関西)

皆既日食は奄美大島などでよく見られますが、実は太陽が見れる場所であればどこでも見れます。
普通、皆既日食を見る場合、専用の日食グラスなどを使って肉眼で見ますが、このような場合、どこでも同じように見えるとのことです。

もともと太陽が見えない地域なんてありませんから、皆既日食の当日、その時間に居合わせれば太陽が陰っていくところを自宅からでも見ることができます。

しかしながら、日食の始まりと終わりの時間は地域によって若干異なります。
参考までに各地域の日食の時間を書いておきます。

札幌 10時4分30秒~12時16分3秒
仙台 9時59分9秒~12時26分24秒
東京 9時55分33秒~12時30分20秒
京都 9時47分40秒~12時25分21秒
福岡 9時37分39秒~12時17分48秒
那覇 9時32分50秒~12時20分19秒

スポットではなく道具選びを重視して

皆既日食は見るスポットではなく、見た目の道具がとても大切と言われています。
要するに、下敷きやサングラスなどでは紫外線などを全て通してしまうので、専用の日食グラスのように、光を何万分の1にしてしまうようなものでないと目を傷めてしまうのだそうです。

さらに、その場ではさほど支障がなかったとしても、時間の経過とともに白内障になったケースもあるそうで日食の観測には注意が必要です。