カラコン 激安通販情報も

カラコンの注意点など

カラコン

コンタクトレンズのカラーを自由に選べるカラコンについて解説します。

カラコンとは

カラコンとは、カラーコンタクトレンズの略称で、目を大きくみせたり印象を変えたりできる医療用具です。最近よく見る黒いフチのあるレンズが開発されたのは、日本のお隣の韓国なのはご存知でしょうか。今では中高生にも大人気です!カラコンはこれからのファッションには欠かせないものになるでしょう。

ですが...「興味があるけど実際のところどーなの??」って思っている人も少なくはないと思います。「たくさんメーカーがありすぎてどのメーカーがいいのかわからない。」「コンタクト自体使ったことがないから不安。」なんて人も、このサイトで少しでもカラーコンタクトレンズについて知識を深め、安心してカラコンを使うことができたら幸いです。

コンタクトを使うにあたって、最低限の知識,注意点など、よく確認してからでないと、目の角膜を傷つけたり、目の病気にかかったりしてしまいます。
そんなコンタクトレンズの基礎的な知識,注意点をみていきましょう。

カラコンの基礎知識

カラコンはコンタクトレンズと同様、医療用具です。
眼鏡と同じように、視力検査をしたり、近視や遠視・乱視の度合いなどを検査します。
また、角膜形状解析という角膜(眼球)のカーブを測定したりします。
どの検査もコンタクトレンズをつくるのに欠かせない検査です。
検査をし終わったら、処方箋片手にカラコンショッピングです。

カラコンは、コンタクトレンズと同じケア方法で大丈夫です。
カラコンはソフトコンタクトレンズ用をお使いください。
装着時間は普通のコンタクトレンズと同様6~10時間が目安です。
目に疲労感を感じたときは時々外して、目を休ませるといいでしょう。

カラコンの効果

カラコンの効果は、カラコンの色やデザインによって異なります。
黒いフチのあるものは瞳を大きくみせたり、ブラウンやグレーなどの色のついたものは、色それぞれの印象を変えたりする効果があります。

今ではインパクトの強いデザインのものや、イラストの入ったものなど個性的なデザインも紹介されています。
このページの最後に商品紹介があるので、是非参考にしてください。

カラコンの注意点

カラコンの扱い方によっては、レンズにキズがついたり汚れがとれなくなったりすることがあります。
眼の安全を守り、下記のことに気をつけて使いましょう。

汚れを防ぐ

手,指を石けんでよく洗いましょう。手についた汚れがレンズにつかないようにしましょう。
お化粧などをする場合はコンタクトレンズをはめた後に行ってください。
レンズをはずした後は、必ず洗浄,消毒などのケアをしてください。そのままにしておくと劣化が早くなります。

破損を防ぐ

爪は短く切ってなめらかにしてください。やすりで整えることをおすすめします。
レンズをはずすときは、爪を立てないように指の腹で軽くつまんでください。
レンズが保存ケースから取り出しにくい場合は、ケース内の液ごと手のひらに流し出してください。
紙・布・メガネふきなどでレンズをこすらないでください。メガネとは違います。
レンズを強く引っ張ったり、強い衝撃をあたえないでください。破損の原因となります。

その他気をつけること

レンズケースの汚れがレンズを汚す場合がありますので、定期的に取替えましょう。
レンズを乾燥させないでください。
レンズ装用中の目薬の使用は眼科医の指示に従ってください

カラコンの使用期間

普通の使い捨てでないソフトコンタクトレンズは約1年ほど、ハードコンタクトレンズ約2年~3年のものが主流です。
カラーコンタクトレンズは、色素が入っていたり加工されているので、普通のコンタクトレンズより劣化が早いといわれています。
約5ヶ月~10ヶ月程度使うことができますが、使い方やケア頻度などによってレンズの寿命に差が出てくるでしょう。 カラコンは毎日しっかりケアをして、長く大切に使いましょう。

お薦めショップ


ローヤルレンズ

1万人が利用している、処方箋不要のカラコンショップです。


Blue─Lagoon

処方箋が必要なカラコンもありますが、取扱量がとても多いショップです。