モデルルームの見学方法 家を買う前に見ておくこと

まだ完成していない家を買うからこそしっかりと見学しておきましょう

モデルルームの見学方法

新築分譲マンションなどのモデルルームを見学に行くことが始めての方、またはよく見に行くけどいつも重要なポイントを見逃してしまう人はポイントを絞ってモデルルームを見学してみましょう。

モデルルームを実際に見学する

特に新築分譲マンションでは週末になるとモデルルームを開催して誰でも見学できるようになっています。マンションによっては事前予約制のところもありますので、注意してチラシやホームページを見ておきましょう。

モデルルームを見学する際、最初にアンケート用紙に個人情報を書くことが多いのですが、あまり書きたくなければモデルルームの見学だけしたい旨を伝えて案内してもらうこともできます。

ほとんどが、モデルルームの係員によって部屋や設備の機能、オプションでつけることができるインテリアや選択可能な室内のカラーバリエーション、素材などの説明を受けながらモデルルームを歩きます。その際はカメラでいろいろな部分を撮影し、イメージを忘れないようにすることもお薦めです。

触って確かめる

パンフレットと違い、モデルルームの見学では触ったり歩いたりすることができます。
内装は実際に作られる家と同じように作られていますので、壁紙の質感や色、ドアの開け閉め、クローゼットの奥行き、棚の使い心地など、実際に触ったり開けたり、中に入ってみたり、とにかく暮らすことを前提とした行動をしてみると良いでしょう。
ただ歩いて見て回るだけではモデルルームに来た意味が半減してしまいます。

インテリアや照明などでとても豪華できれいに飾られたモデルルームに見とれてしまいがちですが、できる限り良い部分悪い部分を手にとって確かめておきましょう。
その際はメモを取るなどして、家に帰ってからの反省材料にしましよう。
これは他のモデルルームに行くときの予習復習効果もありますのでぜひ試してみてください。

事前に資料を確保する

モデルルームの見学には1つの家全てを見て周り、さらに周辺環境の確認や建設、耐震性、特徴などの説明を受けるため、時間と体力が必要です。
その場で質問したいことが全て聞ければよいですが、実際には帰ってから聞きたかった事が出てくるものです。

ですから、事前にモデルルームのマンションの資料を取り寄せておき、質問したいことをリストアップしておきましょう。
最新のバス、トイレ、キッチンの設備では見たり聞いたりしないとわからないことも多いはず。箇条書きにしてメモを持参するのがお薦めです。

以下は特に有名な不動産会社の公式サイトです。全て無料で資料請求できますので、事前に取り寄せておきましょう。

住友不動産の総合情報サイト

モデルルームの見学方法住友不動産のサイトです。新築マンションなどの資料請求したいジャンルのリンクをクリック。23区などの地域を選択すると資料請求できるマンション一覧が出てきます。右上の資料請求のチェックをして一括で資料請求ができます。

ダイワハウス

モデルルームの見学方法全国にある大和ハウスの新築マンションの資料請求とモデルルームの見学予約ができます。地域をクリックすると、さらに細かい地域や路線で希望のエリアを指定できます。マンション一覧が表示されますので、資料請求したいマンションのボタンを押せばOKです。同じくモデルルームの見学予約もできます。