オール電化 電気代、デメリットなど

ガスを使わない生活、オール電化

オール電化

ガスを使わない、安全で省エネにもなる電気だけの生活をしてみませんか?
火災の原因も少なくなりますし、高層マンションが多くなる今、標準の設備になりつつあります。

オール電化とは

オール電化とは、家庭で今、火を使っているところを電気に変える暮らしのことをいいます。
簡単にいうと調理・給湯・暖房などで火を使わない暮らしのことです。 燃焼ガスがなくなるから、健康的で清潔、家事はラクラク、しかも安心で経済的・・・ 火を使わない安心感や便利さ、快適さはもちろん、光熱費がグーンと安くなる、次世代ライフスタイル、それがオール電化なのです。

電気だけの生活のメリットとは

オール電化のメリットは、火がないので、火傷や不完全燃焼、火災の危険性が少なくなります。しかも、機器は操作簡単、メンテナンスフリー、燃料補給も不要といいことづくめ。もちろん、万が一の安全対策も充実しています。
ガスコンロをHIクッキングヒーターにするだけでこれだけの安全面が確保できますし、掃除も拭くだけでOK。また、夏場のキッチンは暑かったのが、火を使わないのでとても快適に料理することができます。
ガスの元栓の位置なども関係なくなるため、自由にHIクッキングヒーターを設置することができます。

また、お風呂を沸かすときは空気の熱で沸かすことにより、ガスに比べてとても安く給湯することができます。また、CO2を発生させないことから、環境にも優しい作りになっています。また、火を使わないので劣化が少なく、定期点検、修理の必要もなしです。

ガスを使わないことで空気はクリーンな状態を保つことができ、経済的にも環境保護的にもとても優れた技術がオール電化というわけです。

お得な部分

オール電化では、ガスを使わなくなり、光熱費が一本化できるため、光熱費管理がしやすくなり、さらに光熱費もずいぶんと抑えることができます。また、オール電化では料金設定にお得なプランがあり、割安な電気代を設定しています。オール電化住宅になるだけで、安全や環境だけでなく、光熱費も抑えることができます。

またオール電化では火を使わなくなるため、火災の原因が減ります。そのため火災保険が割安になります。
そして、オール電化のエコロジー性、安全性、耐久性が認められているため、住宅ローンも各金融機関が優遇措置をとっています。

もしも停電になったら

オール電化にすることで、家庭では電気に頼る生活になります。ガスはなくなるので、この電気が止まってしまったらどうなってしまうのでしょうか。

停電になった場合、IHクッキングヒーターは使えなくなります。ガスの場合はご存知の通り停電でも使えますね。

暖房器具は電気を使うものは使えなくなりますが、オール電化の場合、電気蓄熱式暖房器というものがあり、夜の電気代の安い時間帯に熱を蓄え、昼間に放熱する暖房器具がありますので、ある程度はこれが使えます。

しかし停電自体が現在では起きにくくなっており、10年に1回程度だそうです。

また、災害時は水道やガスが100%復旧するのに2ヶ月かかった中、電気は最短で当日、最長でも2週間以内に復旧していたという、実績がありますので、オール電化住宅であっても安心といえます。

気になる電気代

オール電化では光熱費を一本化しているわけで、電気代がとても高くなりそうな気がしますが、ガスを使っていないため、ガスの基本料金・使用料がかからず、光熱費を抑える大きな要因となっています。
また、オール電化のために電気料金の割引プランが設定されていますので、それを利用することで電気代をかなり安くすることができます。