結露の原因 原因、対策、防止を徹底しましょう

冬の気温差と気密性の高さが結露の原因でもあり解決方法でもあります

結露の原因

冬になると結露に困る家庭がほとんどだと思います。冬を快適に過ごすためには結露は避けて通れないものですが、ここではできる限りの結露の対策、防止、原因を解説していきます。

結露の原因は複数あります!

結露とは空気中の水蒸気が原因となっています。暖かく湿った空気が冷たいものに触れると、その空気は水滴へと変化します。これが結露となります。

窓ガラスは外の冷たい空気に触れているため、室内の暖かい空気に冷たい窓ガラスが触れるとそこに水蒸気に変化した空気ができ、結露の原因となっているのです。

結露の原因となっているものは、私たちの呼吸や観葉植物など、決して避けて通れないものがあります。そのほか、生活を便利にする暖房器具、キッチンや水周りの水分、部屋星干しの洗濯物などです。最近では部屋干しが多くなっているので、その場合は家のどこかで水分が溜まり結露の原因になっていると考えてよいでしょう。

具体的な防止対策を解説

暖房器具で対策

石油ストーブやファンヒーターなどは空気中に水蒸気を放出しているため、結露の大きな原因となっています。
結露防止のための暖房器具は、エアコンや床暖房などです。リフォームや引越しを考えている場合は結露対策のことも考えてみましょう。

除湿機で結露対策

結露はどうしてもできてしまうもの。そこでできるだけ結露を防止する方法として、結露した窓などを拭いた後、しばらくの間除湿機をかけておきましょう。

換気扇を24時間かけ続ける

マンションはとても気密性が高く、空気の流れがほとんどない場合がありこれが結露の原因となっています。室内全体が換気によって空気が入れ替わることで結露を防止することができます。24時間常に換気扇を回し続けることによって実際に結露せず、カビが生えないお宅を見たこともあります。これはどの家庭でも手間なくできることなので、結露の防止には必須です。

エコカラットや珪藻土を利用する

最近では日本の環境にあった快適住宅を作るために色々な室内環境改善商品が出ています。
珪藻土は体に優しい天然素材として知られていますが、調湿効果があり日本の環境では有効です。
エコカラットもまた室内の湿度が高くなると湿気を吸収し、反対に湿度が低くなると湿気を放出、ジメジメや結露を抑制します。
直接的な換気などの効果と比べると弱いかもしれませんが、湿気の強い北側の部屋などには施工してもメリットはあると言えます。ただしコストがかかるのでお財布との相談になってくると思います。

対策グッズ

結露防止シート

窓ガラスの熱を伝わりを抑え、シミやカビの原因になる結露防止効果を強力に発揮するとともに、暖房効率をアップ。目隠し効果でプライバシーも保護します。粘着テープを使わない水貼りタイプだから、きれいに貼れて、きれいにはがせます。

防止スプレー

ひと吹きするだけでガラス表面に薄い膜を形成します。水ダレや曇りを防ぐシリコンコートで、窓をスッキリできるスプレーです。
防カビ剤配合。
ガラスの汚れも同時に落せます。

吸水テープ

貼るだけで結露水による木部の腐食・カビを防止する結露対策用品です。1m当たり最大約130gの水を吸収する強力タイプの給水テープ。結露水を吸い取り、蒸発させて、壁・床の腐食や、カーペット・カーテンの汚れやカビを防ぎます。基材のポリエステルフィルムに粘着加工をしており、はがす際も簡単にはがせます。