社交ダンス 教室へ通う

ステップを覚えて優雅に踊ってみませんか!?

社交ダンス

テレビでも社交ダンス専門番組が放送され、その番組のお陰で子供からお年寄りまでが社交ダンスを親しみやすいものにしてくれました。
少し硬い感じのする社交ダンスですが、趣味程度で社交ダンスをするなら難しく考えずに楽しむことが出来ます。

社交ダンスの歴史

今や社交ダンスは誰でも気軽に楽しめる娯楽とも言えるもになってきましたが、本来社交ダンスとは何の目的で作られたのでしょうか。
本来社交ダンスはイギリスの宮廷で行われる舞踏会で踊るもので、大変フォーマルで典礼や儀式の際に踊っているものでした。

社交ダンスと競技ダンスの違い

稀に社交ダンスを競技ダンスと呼ぶ場合があります。社交ダンスは社交ダンスなのですが、競技用に練習し行うダンスで大きな意味としては同じです。

ですが、競技のために練習している人の踊るダンスを社交ダンスと呼ぶのは競技ダンスをしている人に対して失礼になってしまうこともあります。ですので、競技ダンスを行っている人には競技ダンスと言葉を選んで会話をしたほうが良いです。

社交ダンスの種類

社交ダンスは大きく分けて2つの種類があり、その大きくくくられた下に更に複数の種類が存在します。
まずは大きな2つの種類ですが、これはモダンとラテンアメリカンの二つです。

モダン(スタンダード)にはワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ウィンナワルツの5種類があります。
ラテンアメリカにはチャチャ、サンバ、パソドブレ、ジャイヴがあります。

ワルツ
ワルツは3拍子にのせて踊る社交ダンスになります。また、ワルツの起源はドイツです。
また、単純に3拍子の曲調のもにワルツという単語を使い曲名にすることもあります。

タンゴ
アルゼンチンなどで行われるタイプの社交ダンス(モダン)の種類になります。
現在日本で踊られているタンゴはアルゼンチンのものではなく、コンチネンタルタンゴと呼ばれるタンゴを一般的に踊ります。

スローフォックストロット
スローフォックストロットは、フォックストロットのテンポを遅らせた社交ダンスです。
フォックストロットとは、ラグタイムと呼ばれる音楽にあわせて踊るダンスのことです。
後にラグタイムはジャズとなります。

クイックステップ
先ほどのスローフォックストロットとは逆で、フォックストロットを早いテンポで踊った社交ダンスです。
クイックステップは当初ワンステップと呼ばれていたようです。

ウィンナワルツ
3拍子というワルツの特徴を消すことなく拍子のテンポやズレを表現させることで、独特な音楽を奏でます。
美しく青きドナウなどがウィンナワルツの代表曲です。

チャチャ
チャチャはかのブルース・リーも得意とした社交ダンスとして有名です。
マンボの発展系の音楽を使用します。

サンバ
男女ペアでハンカチなどを持ちながら踊るタイプの社交ダンス。
6/8拍子のペースで踊ります。

パソドブレ
フラメンコをイメージした社交ダンスで、闘牛を男性闘牛の際に使われる赤いケープを女性に見立てて踊ることもあります。

ジャイヴ
大人数で行われるスウィングジャズにあわせて踊るタイプです。
スウィングジャズはアドリブなどに重点をおかないことで、音楽にあわせて社交ダンスを楽しむことが出来ます。

社交ダンスが登場する映画

社交ダンスをメインテーマに扱った映画は日本で放映され後に、ハリウッドでリメイクされ再び日本でも大ヒットに終わった「Shall we ダンス?」が挙げられます。
社交ダンスというテーマは一般受けしづらいにも関わらずヒットした理由として、社交ダンスについて何も知識がなく今の世の中に不満を覚える男が主人公であるために感情移入しやすかったからではないでしょうか。
この映画を見て社交ダンスに興味のなかった人も、社交ダンスについてある程度理解し社交ダンスを踊ってみたい、と思った人も多いと思います。
社交ダンスとは何か、社交ダンスの魅力って何だろう、その他にも人間ドラマが繰り広げられる「Shall we ダンス?」。
見ていない方はこの機会に是非どうぞ。

社交ダンスの練習を自宅で行う

社交ダンスは、社交ダンス教室などに通う時間がない人にとっては習得するのに時間がかかってしまいます。
例えばDVDなどを購入することで家の空いた時間で社交ダンスの練習をすることが出来ます。
家で練習することが出来る練習用DVDの紹介をしたいと思います。

watariの簡単・上達 社交ダンス~ラテン編 ジルバ超入門
先ほども紹介した「Shall we Dance?(ハリウッド版)」のダンス振り付け師として有名なwatari氏がダンスを教えてくれるDVDのラテン編。
超入門編ということで、基本的なステップやその発展系などを家で勉強することが出来ます。

また、お笑い芸人も一緒に社交ダンスの練習を行います。
もし大げさなエンターテイメント性を求めない場合は、下で紹介するDVDはいかがでしょうか。

初めての社交ダンス ~スタンダード編・ラテン編~
こちらもラテンのDVDですが、スタンダード(モダン)のDVDも入っています。
ですので、社交ダンスを初めて体験する方にはもってこいかもしれません。
またこのDVDはNHKの趣味悠々初めての社交ダンスシリーズのDVDですので、しっかりと社交ダンスを学べるのでは?

DVD以外でも勉強したい、という場合は書籍で社交ダンスの勉強をすることが出来ます。

連続写真で見る社交ダンス入門

様々なジャンルの社交ダンスを連続写真に収めたことで、自分の納得いくまで写真と見比べることが出来ます。
更に本なのでDVDを見ることの出来ない場所でも練習や想像で形を覚えることが出来て便利です。

通勤通学の電車やバスの中や寝る前の布団の中など、本を読むところは沢山あります。
いつでも練習できる本も実は使える練習道具の一つなのです。