フラダンス 歴史や踊り方、ステップなど

ハワイと言えばフラダンス

フラダンス

フラダンスの映画、フラガールが公開され、大ヒットし大きな話題を呼んだフラダンス。このジワジワと人気を高めているフラダンスについて、ただのハワイのダンス、というような単純なものではございません。フラダンスの奥深い世界へどうぞ。

フラダンスとは

フラダンスとは、みなさんご存知の通り、ハワイで踊られている、ゆったりとしたハワイアンミュージックにのせて踊るダンスです。フラダンスのフラとは、ハワイ語でダンスという意味になります。日本ではフラダンスと呼ばれていますが、普通はフラだけでOKです。

このフラダンスはもともと文字を持たなかった古代ハワイ人が神話や伝説を伝えるために生まれたものなのです。フラダンスと言って思い出すのは手をフワフワと動かしたりするハンドモーションを思い浮かべますよね。あの手の動きで花、太陽などいろいろな意味を持たせて踊っているのです。

そしてハワイアンミュージックに歌を合わせてフラダンスとともにメッセージを伝えるのです。ハワイアンミュージックには自然の恵みやラブソング、神への賛歌などです。歌の内容や動きの意味を知っておくことがフラをより深く楽しむ秘訣です。フラダンスを踊ることにってハワイの文化や歴史にも興味が沸いてくる、奥深いものでもあります。

フラダンス種類

フラダンスにはアウアナとカヒコと呼ばれる2種類があります。
みなさんがよく知っている腰を揺らして手を波のように動かすフラダンスは現代風にアレンジされたフラダンス、アウアナです。
ウクレレやベース、ピアノなどのハワイアンミュージックに乗せて踊ります。
基本的にはこのアウアナがよく知られているフラダンスで、フラダンス教室でもアウアナから教え始めることが多いようです。

そしてカヒコはアウアナとは違い、神へ捧げる踊りとして生まれた古典的フラダンスです。
カヒコはアウアナとは違い、一見しただけではフラダンス、という雰囲気ではないですが、とても力強い踊りです。
カヒコはひょうたんをくりぬいた楽器とオリという詩を読み上げながら踊ります。
アウアナと比べて体力やテクニック、ハワイ語などを多く使うようになっているのでアウアナをしっかりと学んでから習うことが多いようです。

フラダンスの効果

フラダンスは常に軽く膝を曲げた状態でステップを踏みます。
さらに姿勢もよくして腰を振るので足周りと腰周りの筋肉を使うことでシェイプアップ効果があります。
また、ハンドモーションでは腕を高く上げる動作もあり、二の腕も引き締まっていきます。

フラダンスにはシェイプアップの効果もありますが、ハワイアンミュージックに乗せてゆったりと動くのはリラックス効果もあります。
そのゆったりとしたリズムで一つ一つ意味のあるハンドモーションを花だったら花をイメージしながら動くなど、意味を理解して表現しながら踊るようになるとハワイの大自然をフラの中で感じることが出来るようになります。

ハワイアンミュージックとハワイの自然を感じながら踊るフラで心も体も落ち着くはずです。

また、フラダンスの衣装のパウスカートやカラフルな衣装を着て踊るフラは、日常を忘れさせてくれる効果もあります。
普段はこんなカラフルな服は着れない、と思っていても、フラダンス教室ではこれが当たり前。
みんなでカラフルで楽しい衣装でゆったり踊るフラほど気持ちのいいものはありません。
普段の忙しい生活を忘れてフラを思いっきり楽しみましょう。

フラダンスに年齢は関係ナシ

フラダンスを始めたいけど、もう若い頃みたいに動けないし覚えも自信ないし...
という不安や疑問がある人は、ほんの少し勇気を出してみましょう。

というのもフラダンスというのは年齢に関係なく踊られている踊りなのです。
本場ハワイでは、フラダンスのクラス分けを年代別で行っていて、3歳~、6歳~、13歳~、45歳~と大まかなクラス分けがされています。
年齢に関係なく誰でも始められますし、ストリートダンスのような激しい動きはありません。
ということはゆったりとした音楽でゆっくりした動作を焦らずに踊りながら覚えられる、初心者がとっつきやすい踊りと言えるわけです。

ゆっくりとした動作で動くフラダンスは怪我をする心配もほかのダンスに比べて少ないですし、今でこそ若い人たちに大人気ですが、一昔前はお年寄りたちを中心に人気のあった踊りなのです。
これで体力や運動神経、年齢などそれほど考えなくても誰でも楽しめる踊りだということがわかるでしょう。

また、フラダンスを通して日本人に馴染みの深いハワイの文化やハワイの雰囲気を味わえるのもフラダンスが今大人気の理由でもあります。

フラダンスの歴史

古代ハワイでは、文字を持たなかったため、メレオリという朗唱を唱えて様々なことを伝えていきました。
このメレオリを唱えながらフラは踊られていました。
フラの役割は、朗唱されるメレの意味は忠実に再現するものでした。
このためフラダンスは曲の詩に合わせて意味を理解しながら踊るというルーツがここにあると言われています。

このときフラダンスの教室である「ハラウ」が存在し、先生によってフラダンスが教えられていたこと、エンタメ性に富んだ様々なフラダンスが踊られていたことがわかっています。

また、メレにリズムをつけて、後世に引き継ぎやすいようにしたことにより、いろいろな歴史、物語、生活の知恵などが歌われるようになりました。
このようにしてフラダンスが踊り続けられてきたのです。

暗黒時代

1820年にボストンからハワイへ宣教師たちがやってきました。
そこで免疫のないハワイの人々にアメリカ人たちが持ち込んだ疫病が流行してしまいます。
当時のハワイの女王は疫病に無力なハワイの神を捨て、キリスト教を取り入れるようになります。
それとともにハワイの神官たちを抑えるためにキリスト教を支持したとも言われています。

そして1830年、フラダンスを公の場で踊ることを禁止しました。
それとともにハワイの神の絶対的な強さがなくなっていき、キリスト教は広まっていきました。
さらにハワイの神殿を破壊したり、神々を否定するような運動も活発になり、ハワイの伝統文化は衰退していきました。

このような時代が50年間続くことになります。

フラダンスとレイ

フラダンスに限らず、ハワイではレイがとても身近な存在です。
私たちがハワイへ旅行へ行ったときも空港で「アロハ」と言ってレイをかけてくれますよね。

フラダンスではレイを頭、首、手首足首につけます。
このレイはただのお洒落なアクセサリーというものではなく、それぞれフラダンスに関する深い意味があります。

頭につけるレイは覚えたフラダンスを忘れないためにつけます。
首にかけるレイは体内に悪霊を入れないようにするためのもの。
手首と足首のレイはフラダンスの振りを間違えないようにつけます。

また、レイをつける順番も決まっていて、足首、手首、首、頭の順につけていきます。
これはハワイでは大地からマナの力が体に宿ると信じられていたためで、その通りに下から順につけていくわけです。

カヒコとは

フラダンスには古典フラと呼ばれるカヒコがありますが、なぜカヒコが衰退していってしまったのか、それはカヒコの伝統にあります。
1901年にフラダンスが禁止され、再びフラダンスが解禁されるまでの70年間にフラダンスを教えるクムフラが激減したことが大きな原因です。教える人がいなければ伝統というのは衰退してしまいます。

さらにクムフラは全てをフラダンスのために捧げるようにして、その人生を過ごすことが当たり前でした。
クムフラになるためには、師匠のもとでともに生活をしていきます。その生活の中でフラダンスの踊りだけでなく、メレや歴史など膨大なフラの全てを覚えていかなければなりませんでした。
さらに結婚などもせず、生涯をフラダンスのためだけに捧げるという過酷な状況下に身を置くことが必要でした。
それでもクムフラになるのは、当時クムフラの地位が保障されていたことにありました。
それだけ辛い修行も耐えられたといえるでしょう。

ですが、ハワイがアメリカとなったとき、ハワイ語は話されず、伝統もしっかりと伝わらず、さらにクムフラになるためには今までの生活を全て捨てなければならない、という厳しすぎる慣例もあったため、クムフラ自体が減少していたのでした。
さらに近代化したハワイではクムフラになることで生活が保障されることも確実なものではなくなっていました。

カヒコとは違い、アウアナはショービジネスとして利用されていたこともあり、人気がありましたが、カヒコは代々受け継がれる神聖なフラとしてアウアナの影になるように踊られていました。

しかし、ハワイでハワイ人としての伝統と誇りを再確認する運動が活発化すると、今まで文字では伝えられなかったカヒコなどの文化が誰でも勉強できる本となって登場し、現代社会へカヒコが再び日の目をみることになりました。
それから代々受け継がれてきたカヒコが一般にも浸透するようになり、ハワイ文化の復興とともにカヒコがなくならずに済んだのです。

カヒコはアウアナとは違い、欧米の楽器を使わず、音楽にのせた「ダンス」ではないように見えます。
古代ハワイでは文字を持たなかったため、フラダンスによってメレをさらに深くわかりやすいように表現するようなものだったのです。