生け花 流派、教室、道具について

流派はありますが最近では誰でも気軽に始めることができます

生け花

日本の伝統文化である生け花は全国で生け花教室などがあるため、誰でも手軽に始めることができます。日本古来の伝統文化である生け花について。

生け花の歴史

生け花は6世紀ころに仏前に花を供えたところから始まったといわれていて、宇宙、地球、人の3要素を花で表現するという考え方ががあります。
江戸時代からは生け花の名手が多く登場し、いくつかの流派が生まれました。
明治時代に入ると日本の生け花が欧米に紹介され、フラワーアレンジメントへ影響を与えました。

生け花は、平たい皿に水を張り、そこに剣山を置いて草や花を刺していきます。
大小さまざまに変化をつけたり、形を整えたりして表現していきますが、それぞれ大きな流派が存在し、生け花教室ではそれぞれの流派から選ぶこともできます。

生け花教室

生け花は誰でも楽しんでできる日本の伝統文化のひとつです。
生け花教室はたくさんあり、どこでも手軽に生け花を習うことができます。
月謝は5000円前後のところが多く、月謝とは別に2000円前後の花代が別途かかる教室がほとんどです。
生け花未経験者でも丁寧に教えてもらえるため、体験レッスンから生け花に触れてみるのもよいでしょう。