ホンダ スーパーカブ110 新作登場です

バイクの定番、スーパーカブの新作登場です。

ホンダ スーパーカブ110

ホンダからスーパーカブの新作である110が発売です。
エコが叫ばれる昨今ですが、スーパーカブもエコを意識したビジネスモデルへと進化しています。スーパーカブの特徴や価格などをご紹介します。恐らくかなり売れるのではと発売前から注目されています。

特徴

エンジン周り

ホンダの新製品、スーパーカブ110のエンジンは、低フリクション技術を採用した空冷4ストローク単気筒110cc。
走行条件に合わせてコンピューターで燃料の供給量を調整する電子制御燃料噴射装置を採用。
特にアクセルの開閉頻度が高い市街地における燃費の向上に寄与し、燃費はスーパーカブ90を上回る63.5km/Lを達成しています。

また、バッテリーが完全に放電した場合でも、キックによって始動ができる先進のシステムを採用しています。

環境に配慮しつつ、快適な乗り心地

ホンダ スーパーカブ110マフラー内に有害物質を低減する触媒装置を搭載し、国内二輪車排出ガス規制に適合しています。このような環境性能をアップしたことでもエコなスーパーカブに仕上がっています。

スーパーカブ110には、発進と変速にそれぞれ独立させた2段クラッチシステムを搭載しています。
4速ミッションの採用によって巡航時のエンジン回転数を低く抑え、変速時のショックを軽減させるなど耐久性と快適性も向上させています。

車体

ホンダ スーパーカブ110スーパーカブ110の車体には曲線を多用したデザインになっています。
見た目は美しくなり、設計部分でも新設計のバックボーンタイプのパイプフレームを採用し耐久性や荷物の積載時の走行安定性が向上しています。

ボディカバーは、錆の心配がない樹脂製で、カラーはコスタブルーとアバグリーンの2色です。

新製品の価格は249,900円となっています。
国内で生産するスーパーカブシリーズでは初めて、タイで量産しているグローバルモデル用の110ccエンジンを採用しコスト削減、生産ラインも効率化を進めることで低価格化を実現しています。