自動車購入時の諸費用を節約する

自動車購入時の保険、税金をとことん節約

自動車購入時の諸費用を節約する

自動車を購入するときは車の本体価格のほかに別途諸費用がかかりますよね。これらを明確に知って、出来る限り節約することがお気に入りの車を購入する上で大切なポイントになります。

車に絶対に必要な物はそのままでいいですが、購入にかかる別の諸費用というのは自分でやれば無料になることが多いため、車がこれ以上値下げしてもらえない場合は諸費用を自分でなんとかして浮かせるのがポイントです。

それでは購入時にかかる諸費用について詳しく見ていきましょう。

諸費用の内訳

自動車を購入する場合は各種手続きのための代行手数料と税金に分けられます。基本的に税金がとても高いです。これが諸費用の大きくしていると言っても過言ではないでしょう。

検査登録手続代行費用

ナンバープレートの取得代行費用です。約1万円弱の費用がかかります。
下記で説明しますが、節約できます。

車庫証明手続代行費用

車庫証明の取得手続きを代行費用です。こちらも約1万円弱の費用がかかります。
こちらも自分でおこなうことで節約できます。

納車費用

車を引き渡す際の手数料です。大体1万円以下の場合が多いです。こちらは交渉次第では割引もしくは無料にすることができます。

自賠責保険

自動車の保有者が必ず入らなければいけない保険です。

自動車保険

自動車保険は任意で入る保険です。若い方や初めて自動車を購入する場合にはほぼ確実に入ることになると思います。何かあったときに必ず役に立ちます。

税金関係

自動車取得税や重量税、自動車税などを支払います。各、数千円~数万円となっています。税金は購入する車が合えば節約できる大きなウエイトを占める諸費用です。

諸費用を節約する方法

税金を安くする

最近ではエコカーを購入すると減税になります。特に自動車取得税と重量税が割引・免税されるのはとても大きいです。環境意識が高く、エコカーの購入を検討している場合は購入時諸費用を大幅に下げられるでしょう。

代行作業を自分で行って節約する

陸運局でナンバーを取得するため『検査登録手続代行費用』と『車庫証明手続代行費用』は自分で行えるものなので、時間に余裕があれば数万円は安くあがります。

車庫証明に必要な書類はディーラーからももらえますが、警察署でももらえるので早めに用意して手続きをしましょう。
書類は、以下の4つです。

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 保管場所使用承諾証明書
  3. 保管場所使用権原疎明書面
  4. 保管場所の所在図・配置図

上記の書類に必要事項を記入した後は、印紙代約2,600円を支払い、駐車場を管轄する警察署へ持っていきます。不備がなければそこで受理されます。
受理されると交付日がわかるのでその日以降に取りに行き、車庫証明手続が完了します。

自動車保険は自分で選ぶ

ディーラーの見積もりに、自動車保険費用が自動で付いている場合があり、その値段が高いと感じる場合が多いと思います。
今はネットで加入する通販型保険がとても安く、自分に合う自動車保険を選んで節約するのが当たり前になっています。

全て見積もりは無料なので、名前の知っている大手の自動車保険から見積もりを取ってみましょう。

▼お薦めの自動車保険会社の見積もり
比較.comの自動車保険一括見積もり

▼自動で複数社へ見積もりがとれるサービス
カービュー