エコバッグ レジ袋はもらわない

エコバックの作り方は簡単

エコバッグ

レジで袋をもらう時、レジ袋のその後を気にしたことはありませんか。
レジ袋が有料化してきている理由は、地球環境に隠されていました。

エコバッグって?

レジでもらう袋は、処理する際や製造の際にコストがかかっています。そのコストを削減するために最近ではレジ袋を有料化しているお店も増えてきています。
エコバッグは、お店で袋をもらわずに自分のバッグに入れて持ち帰るためのバッグです。
エコバックを使うことで、無駄なごみなどを出さずにすむので地球環境にもやさしく、また有料化されている場合はその袋の料金もエコバッグのおかげで支払わなくてすみます。

様々な面から見てもエコバッグはこれからの時代持ち歩かなくてはならないものになりつつあります。

実際に使う

大型スーパーなどでは、エコバックを販売してそのエコバッグをお店で使うと多少の割引やポイントが蓄積されていくなどのサービスが始まっています。
また、エコバッグを買わなくてもエコバックを持っている、と言ったり主張するためのカードなどをカゴに入れておけば同様のサービスを受けられるお店もあります。

エコバッグに関連したサービスを行っているお店では普通にエコバッグについての貼り紙などが貼ってあります。
それを目印にエコバッグを使ってみるのもいいかもしれません。

エコバッグの選び方

エコバッグはどんなバッグでも袋をもらわずに、持参したバッグに入れていくことでエコバッグとなります。
この商品でなければエコバッグではない、といったことはありませんので、お気に入りのバッグをエコバッグとして使うのが一番いいと思います。
通信販売などで「エコバッグ」として販売されている商品がありますが、どんなバックでもエコバッグになりうることを覚えておいてください。

ですが、スーパーなどで買い物をするとどうしても大量に商品を購入してしまいます。
今持っているバックでは入りきらない量を買ってしまった場合、結果的にレジ袋をもらってしまってはエコバッグの意味がなくなってしまいます。

なのでエコバッグとしてバックを選ぶ際は、用途に合わせて買うのが一番いいでしょう。
その次にエコバッグとして選びたいバッグは、耐久性の高いバッグです。
どんなに大きなバッグをエコバッグとして使っていても、重さに耐え切れずに切れてしまったり、穴が開いてしまったら次から使えなくなってしまいます。
ですので、大きさと耐久性の高いバックをエコバッグとして選ぶのが効率的です