ヒートアイランド現象 地球温暖化と対策

都市部でのヒートアイランド現象による影響など

ヒートアイランド現象

都会がどんどんキレイに便利になっていきますが、その一方で温暖化とともに叫ばれているのがヒートアイランド現象です。原因と対策について考えてみましょう。

ヒートアイランド現象とは

ヒートアイランド現象とは、都市部の気温が周辺地域と比べて高くなり、等温線が都心部にいくにつれて島のように浮かび上がるように描かれることからこう呼ばれています。

特に高層ビル群が立ち並ぶ都心部は空気の循環が悪くなりがちなため、日中の暑い空気がそのまま篭ってしまうことやコンクリートに熱が保持され続けてしまうこと、そしてこれらの原因となる高層ビル、コンクリートが都市部には集中していることからヒートアイランド現象が起こります。

ヒートアイランド現象の原因

なぜヒートアイランド現象が起きるのでしょうか。
都市部は路面がアスファルトで太陽の熱を蓄えやすく、森林が少なく水分蒸発による気温の低下がほとんど見込まれません。
また、エアコンの廃熱や排気ガスなども都心部で集中し、気温の上昇を生んでいます。

特にアスファルトに降り注ぐ太陽熱は日中だけでなく、夜間まで蓄熱してしまうため、気温が下がりにくい状態を生んでいるのもヒートアイランド現象の深刻な原因のひとつです。

そして、海沿いなどに建つ建物で風が都心まで通りにくくなっていたり、高い温度が都心部にこもるようになるのもヒートアイランド現象の原因のひとつです。

ヒートアイランド現象の対策

ヒートアイランド現象への対策は、原因の部分で書いたことを解消していけばよいのですが、実際都心部ではすでにビルが立ち並び、簡単に対策を実行することが困難であることが挙げられます。

そこで、東京都ではある一定の条件で屋上緑化を義務付けています。
また、公園や緑地を整備してヒートアイランド現象の緩和に繋がる緑化活動をすることです。

建物では断熱化や空調の効率化、交通機関の整備で車の排ガスを減らす、風を通りやすい街づくりをして温度を逃がすなど、自然を活用したヒートアイランド現象の対策が求められています。
また、昔から日本で伝統のある打ち水もヒートアイランド現象対策に効果があります。

海風が入る部分はよく冷える

海水温は冷たいため、海風が入る湾岸地域にある都市部はある程度温度が低くなることが多いです。また、ビル同士をしっかりと考えて設計していると、品川駅前のようにしっかりと風が通るようになることもあります。