ゲリラ豪雨・雷雨の原因 予報・予測できない大雨

異常気象によるゲリラ豪雨・雷雨を解説

ゲリラ豪雨・雷雨の原因

最近では異常気象が当たり前のようになっています。気温は上昇したと思えば冷夏になってり。さらに大雨が一気に降るゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨などが頻繁に起こっています。
そんなゲリラ豪雨、ゲリラ雷雨の原因や対策・予防などをご紹介していきます。

ゲリラ豪雨・雷雨とは

ゲリラ豪雨・雷雨は、集中豪雨と呼ばれていたものが、最近では突然、一気に大雨が降るゲリラ的な雨の降り方からゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨と呼ばれるようになっています

そもそもゲリラ豪雨・雷雨は夕立とは違い、予測不可能であり、目安として直径10kmから数十kmの範囲に時間雨量50ミリを超える場合を言います。
最近では80ミリを超えるようなものもあり、死亡事故なども頻繁に起こっています。

排水システムは時間雨量50ミリを想定しており、これを超えると地下水などの氾濫が起こります。さらに床上浸水などの被害も多くなります。

ゲリラ豪雨・雷雨の原因

ゲリラ豪雨・雷雨の原因は積乱雲です。
地上の暖かく湿った空気が上空の冷たくて乾いた空気と混ざり合うことで、大気が不安定になります。
このことで積乱雲が発生しやすくなり、積乱雲が局地的な大雨を降らします。

特に夏場は太陽によって地表が異常に暖められているため、上空に冷たい寒気が流れ込むとゲリラ豪雨・雷雨が発生しやすくなります。

地球温暖化によるゲリラ豪雨・雷雨

最近になって集中豪雨がゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨と呼ばれるようになったのかといえば、予測が難しい上に今までの想像を超えるような大雨が頻繁に降るようになったからです。

その原因は地球温暖化とされています。
都市部などは特に夜になっても気温が下がらず、局部的な温暖化になっています。これは最近叫ばれている「ヒートアイランド現象」です。
気温が上がると大気中に含まれる水蒸気が増えるため、積乱雲が発達しやすくなり、強い雨の回数が多くなるのです。

ゲリラ豪雨・雷雨の予測・予報はできない

集中豪雨は積乱雲が発達することで起きますが、これが1時間程度で発達するものです。
しかし最近のゲリラ豪雨・雷雨の場合は数分で積乱雲が発達することがあり、予測するのが困難なのが現状です。
気候変動である地球温暖化と、都市部ではヒートアイランド現象が起きていることもあり、都市型ゲリラ豪雨は極めて予測・予報ができないのが現状です。

ゲリラ豪雨・雷雨の対策

現在では急速に、局地的な大雨が降るゲリラ豪雨・雷雨は予測が難しいことがご理解いただけたと思います。
そこで、ゲリラ豪雨・雷雨などによる水害対策を事前に理解しておくことで最善の対策をとることができます。

まず、地域のハザードマップを入手ししまょう。
ハザードマップでは、洪水や土砂災害などがどのような場所で起きやすいかを示しています。

もしも都市型のゲリラ豪雨・雷雨が起きた場合、川の下流に住んでいる場合は上流からの水が時間差で流れてきますので、注意が必要です。
また、できるだけ高いところに避難し、外にいる場合は坂を下らないに停車するなどしましょう。