カーシェアリング エコの第一歩

コストカットも環境配慮も一度にできるサービスです

カーシェアリング

カーシェアリングは車を共有して乗るときだけ車を借りるような環境に優しい車社会を考えていく新しいサービスです。自家用車ではなくカーシェアリングで環境問題について考えてみませんか?

カーシェアリングとは

年々自家用車の保有率が高くなり、それ以外にも会社が保有する車の数も増える一方で、排気ガスの増加が懸念されていました。そこで絶対的な車の数を減らしていくことが必要です。

カーシェアリングは、契約者が車を使いたいときだけ利用でき、その車を契約者同士で共有して使うことを言います。日本ではそこまで普及していないカーシェアリングですが、ヨーロッパ各国ではメジャーな環境対策として知られています。

カーシェアリング導入後の効果

カーシェアリングが普及することで、会員の自動車の維持費が毎月4万円近く減ることがわかっており、経済的にも優しく、自動車を個人が保有しなくなることで道路を走る車や駐車場の数も減ります。
また、カーシェアリングは数十分単位でも利用することができ、バスや電車などの料金比較がしやすく、無駄な車の利用をしなくなり公共交通を利用する人も必然的に増えることが予想されます。

カーシェアリングとレンタカーの違い

カーシェアリングとレンタカーの違いは、完全会員制であることです。
基本的にある一定の地域で会員が利用するのがカーシェアリングで、長距離や長期間の利用の場合は料金的に見てもレンタカーのほうがすぐれています。
カーシェアリングは15分でも借りることができ、少しの間利用したい場合などカーシェアリングは効果的です。

また、レンタカーとは違い、インターネット経由で予約可能、さらに認証カードで無人認証するので手続きの時間がほとんどかかりません。
さらに返却はマンションでカーシェアリングが契約されていれば、自宅で返却できるほか、駅周辺での返却も可能になります。

カーシェアリングの利用例

カーシェアリングの魅力は短時間、1日から利用することができる点です。
例えば週に1度たくさんの食材などを買いに行くことが車利用の目的だとしたら、駐車場代などの維持費がかかりすぎてしまいます。
数十分単位で利用できるカーシェアリングであれば自家用車を持つよりも維持費がかからない上に、無駄な車の買い替えが不要です。

また、自家用車は仕事でも買い物でもいつも利用しているので、もう一台車が欲しい、という人にもカーシェアリングは役に立ちます。
駐車スペースが不要であり、さらに既に持っている自家用車で事足りる場合はカーシェアリングを利用しなければ料金もかかりません。
もう一台車を買うよりもずっとお得に済みます。

最近では新しいマンションにカーシェアリングの運営会社が入っていて、マンションの住人であれば誰でも利用できるところも増えています。
これを機会に自家用車の保有から、カーシェアリングへと乗り換えてみるのもよいかもしれません。