ブルーレイディスク 次世代大容量メディア

高画質・高音質のブルーレイ

ブルーレイディスク

次期大容量メディアとして最も注目されているメディアがこのブルーレイディスクです。
現在色々なレンタルショップでブルーレイディスクの映画がレンタルされています。

ブルーレイディスクってナニ?

ブルーレイディスクとはソニーや松下電器を代表とした会社が共同で製作しているDVDのような円盤型の記憶媒体です。ブルーレイディスクでは、ブルーレイディスク(25GB)1枚でDVD(4.7GB)の5枚以上に相当します。

その容量を生かして、ブルーレイディスクで発売されている映画やアニメはそのクオリティの高さに消費者は驚かされました。

また、正式名称は「Blu-ray Disk」で、英単語「Blue」の「e」が抜けています。英語圏ではブルーレイディスクと言うと「青い円盤」となってしまうからだそうです。面白いですね。

ブルーレイディスクの歴史

ブルーレイディスクがテレビや雑誌などで持ち上げられたのは最近ですが、2002年から開発は始まっており、一度市場にも出回っていたことをご存知でしょうか。
かつて市場に出回ったブルーレイディスクを読み込むための機械は、一度ブルーレイディスクの規格が変更になり現在では使用できない状況にあり、ソニーや松下電器へ苦情が入ったことも。
また、SCEのプレイステーション3でもブルーレイディスクが再生できるということで、プレイステーション3の売り上げと国内でのブルーレイディスクの普及率が比例するのではないでしょうか。
プレイステーション2の時もDVDの普及を大きく手助けしてくれたゲーム機です。

映画を見るには

ブルーレイディスクはDVDプレイヤーや普通のパソコンでは扱うことが出来ません。
パソコンの場合はメーカーからブルーレイディスク対応、というパソコンが発売されています。
そのパソコンを購入するか、ブルーレイディスクを読み込むためのブルーレイディスクドライブを購入するかになります。
その場合、ディスプレイへの出力はHDMIになります。HDMIの条件をクリアしても、ディスプレイの解像度が1920*1080以上でないと正常に表示されないなど、現在の一般的なパソコンスペックではハードルが高いです。

テレビに接続してブルーレイディスクを見る分には、テレビへの接続がHDMIであることが必須で、ブルーレイディスクプレイヤーが接続できればあとはDVDと同じ感覚で鑑賞することが出来ます。
また、ブルーレイディスクは様々な音響に対応しているので、スピーカーなどを5.1チャンネルにして、高音質・高画質という最高の状態で映画を見ることが出来ます。

ブルーレイディスクの単価

大容量のブルーレイディスクにデータを書き込んで持ち運ぶ、というのは2007年春現在気軽に行えることではありませんが、近い将来それが一般化されると思います。
ブルーレイディスクに書き込むには、ブルーレイディスクのメディアと、ブルーレイディスクに情報を書き込むためのドライブが必要になります。
情報を書き込むためのブルーレイディスクは1枚辺り4000円程度が目安です。
それ以上のものやそれ以下のものも沢山存在しますが、4000円用意すれば1枚を購入することが可能です。

ブルーレイディスクに書き込むためのドライブは富士通やNECから発売されています。
レコーダーも少なからず発売されています。用途に合わせて選んでみてください。

傷一つでお釈迦?

ブルーレイディスクが発表された頃は、「ブルーレイディスクは傷1つで読み込めなくなる問題児」といわれていました。
ですが、それは過去の話です。
TDKの開発した「DURABIS」と呼ばれる簡単に言えばディスクを強化する技術を用いたことで、ある程度の傷や汚れでも読み込めなくなることはなくなりました。
移動中の些細な傷でも読み込めなくなる、と言われていたブルーレイディスクが進化した瞬間です。

ブルーレイディスクとHD DVD

ブルーレイディスクは、現在もHD DVDというもう一つの記憶メディアとの地位争いを続けています。
ブルーレイディスクについては説明しましたので、簡単にHD DVDについての説明を。
HD DVDは東芝とNEC共同開発の次世代DVDで、記憶容量は片面で15GBと若干少なめです。

また、HD DVDはマイクロソフトから発売されているゲーム機「Xbox360」に専用のHD DVDプレイヤーを取り付けることでHD DVDの再生が可能になります。