有機ELテレビ 価格や大型化など

携帯にも使われる薄型のディスプレイです

有機ELテレビ

有機ELテレビをご存知ですか?液晶テレビでもなくプラズマテレビでもない、新しい技術を利用した次世代テレビが有機ELテレビです。まだよく知られていない有機ELテレビについての解説です。

有機ELテレビとは

有機ELテレビとは、液晶テレビでもなく、プラズマテレビでもない、新しい映像表示方式を採用した次世代のテレビのことで、電圧をかけると発光する有機物質を使い映像を表示します。

有機ELテレビの「有機」は、ジアミン類などの有機物質を使用するため。「EL」は、エレクトロルミネセンスのことで、電気をかけて発光させることを意味します。

有機ELテレビの特徴

有機ELテレビの特徴は、何と言っても明るくて高画質な映像が楽しめることです。
省エネ設計で今後の課題となるエコにも対応し、さらにシンプルな構造でできているためにとてつもなく薄いテレビを作ることができます。

理論上ではポスターのように壁に貼れるような有機ELテレビも実現可能です。現在では薄さ3mmという現実では考えられないような薄い有機ELテレビが出ています。

現在の問題点

現在有機ELテレビは開発が始まったばかりで、実際に家庭で有機ELテレビが普及するには数年後だろうと考えられています。
その原因はコストが高く、価格がどうしても抑えられないこと、さらにテレビとしても寿命が長くないこと、現在の技術では大画面化が難しいことが上げられます。

ただし、今後有機ELテレビの開発が進めばコストの問題を含め、大画面化も実現可能と考えられます。
さらに最近では5万時間を越える長寿命を可能とした有機ELテレビが開発されていて、寿命の面でも有機ELテレビの普及の可能性が見えます。

最初はソニーから発売

そんな未来のものと考えられそうな有機ELテレビですが、ソニーから早くも有機ELテレビが発売さります。現在では大型化が難しいため11型の有機ELテレビですが、これが世界初の有機ELテレビ製品化となります。

価格は20万円と11型としては高いですが、書斎に自分専用の小型高画質テレビが欲しい、といった人やエグゼクティブの関心は高いようで、販売店も在庫確保が難しい状況になっています。