プロジェクター購入・選び方 価格や小型のものも

プロジェクターでホームシアターを実現したい方、ぜひご覧下さい

プロジェクター購入・選び方

映画のような大画面スクリーンを家庭で実現してみませんか?壁に映し出す映像はテレビと違って雰囲気があり、ゆったりまったり観るにはとても良い環境です。プロジェクター購入を考えている方へ正しい選び方を解説していきます。

プロジェクターとは

プロジェクターとは、簡単に言えば「映写機」です。プロジェクターからスクリーンへ映像を投影することで映像をみることができます。

DVDなどを拡大して映写できることから、大画面で映し出すことが出来ます。その大きさは液晶やプラズマなどと比べ物にならない100インチの大画面を作ることも可能です。しかも同じサイズのテレビを買うよりもとても安価に手に入れることができます。

プロジェクターは大画面テレビを置くスペースがない狭い部屋でも、プロジェクターという映写機のスペースだけで超大画面を作り出すことも可能なのとその安価さで最近ではとても人気のあるAV機器です。

また、プロジェクターは映写するので部屋を暗くして見ることになります。このことから映画館のような雰囲気を作り出すことができ、5.1chサラウンドと組み合わせれば、まるで映画館で映画を見ているような感覚になるでしょう。

プロジェクターで大画面スクリーンを利用するメリット

プロジェクターのメリットは、手軽に大画面を手に入れることが出来ることです。
液晶テレビやプラズマなどで超大画面を購入しようとすれば数十万円を越えてしまいますが、プロジェクターの場合は20-30万でテレビでは実現できないような大画面を手に入れることができます。

また、プロジェクターの場合、画面サイズを自分で調節できますし、画面のサイズを大きくしても、テレビのように場所をとりません。

部屋が狭くても小さなプロジェクターで大画面の映画を楽しむことが可能になるわけです。

プロジェクターのデメリットは?

プロジェクターのデメリットは、部屋を暗くしないと見れない点です。
昼間などは遮光カーテンなどで遮らないと明かりが漏れてきますのでプロジェクターの映像が見にくくなってしまいます。

また、プロジェクターは映写機と説明しましたが、そのプロジェクターの前を何かが遮ることで影ができてしまうので、プロジェクターとスクリーンの前には何も遮るものを置いておく事は出来ませんし、その前を歩いて遮ると映像に影が映りこんでしまいます。

機種別の特徴

液晶プロジェクター
液晶画面に映し出される映像に光を透過させ、レンズで拡大して投影する方式です。
多くのプロジェクターが発売されていて、価格も性能も切磋琢磨されているだけあり、満足のいく製品が揃っています。

DLPプロジェクター
DLPは比較的新しい方式です。映像が細やかで、液晶独特の格子状の線が目立たず、はっきりした映像を作り出してくれます。

プロジェクターの選び方

解像度
プロジェクターも解像度は映像の「きめ細かさ」をあらわします。
「720x480」(約35万画素)、「1,280x720」(約92万画素)、「1,920x1,080」(約200万画素)などと記載されています。

プロジェクターでDVDを見るだけなら、「720x480」(約35万画素)の安価な物(10万円程度)で必要充分です。 一見高画質に見えるDVD映画などでも、収録されている映像の画素数は「720x480」なのでそれほど高価なプロジェクターを買う必要はありません。

100インチ以上に大きく投影したり、デジタル放送など、ハイビジョン放送もより滑らかで美しい映像を楽しみたいなら、より高精細な「1,280x720」タイプが適しています。

明るさ
プロジェクターがスクリーンに投影できる映像が明るければ明るいほど、部屋の明るさに影響されにくくなります。1000lm以上のプロジェクターがおすすめです。この数値が大きくなるほど明るくなります。
画質重視で、暗室にしてじっくり映画を楽しむなら、あまり気にしなくても構いません。

コントラスト
コントラストとは、映像のメリハリの性能を現します。1000:1と記載されていれば、暗い部分はより暗く、明るい部分はより明るく表現され、メリハリの効いた映像が再現できます。
この数値が大きくなるほどコントラスト比が高くなり、高画質となります。

静音性
ホームシアターでは、音響が重要ですので、プロジェクターの騒音は、できるだけ静かなものを選びましょう。 目安は30dBA以下を考えておきましょう。