オイルヒーター オイルヒーター

お洒落で室内環境を汚さないオイルヒーターとは

オイルヒーター

日本ではあまり馴染みのないオイルヒーターですが、欧米では多く使われていて、家全体を温める常時運転の暖房器具として重宝されています。気にしないと売り場などでも目に止まらないですが、使い心地やメリット・デメリットはどんな感じなのでしょうか。

オイルヒーターの特徴とは

エアコンは熱風を出します。ハロゲンヒーターなども温風を作り出しますが、オイルヒーターはそれ自体が暖かくなって、熱を空気伝導させて暖を取る家電になります。
なので空気が乾燥することなく、嫌な熱風に当たることもありません。

オイルヒーターの内部には、名前の通りオイルが入っていて、これを電気によって温めることで熱を蓄えていき放熱します。海外では各部屋にオイルヒーターを設置して常時運転することで家全体が温まります。
特に気密性の高い家の場合、空気が暖まるとぬくぬくしてとても過ごしやすくなります。

オイルヒーターのメリット

メリットはなんといっても空気が汚れないことでしょう。石油ファンヒーターなどは一定時間使用したら換気が必要ですが、オイルヒーターは熱を出すだけなので閉めきった部屋でも安全に使えます。

また温風を出さないので室内が乾燥することもありません。エアコンなどを使っているとどうしても乾燥して加湿器を使わないと辛いですよね。しかも頭がボーっとするようなあの熱風はできれば避けたいもの。オイルヒーターは空気をじわじわと暖めていくので快適です。

また運転音がほとんどしないため、静かな場所でも使えるのはよいですね。家庭だけでなく図書館やホテルなどでも利用用途はあります。寝室で静かな暖房器具が使いたい、という方も少なくないようです。

オイルヒーターの安全性

オイルヒーターはそれ自体がとても熱を持って置いておくのが心配と思われがちですが
実際はそうではありません。素手で触っても火傷することはありませんので、子どもや高齢者の方がいる家庭では重宝する暖房器具なのです。

先にも書きましたが、空気を暖める方式のため、ガスが室内に溜まることもないので寝室にも安心して使うことができます。

オイルヒーターのデメリットは電気代

オイルヒーターは室内環境を汚さない点でとても良いものですが、実際には電気代がかかりすぎるとして敬遠されがちです。
最大消費電力が1500Wと大きく、あり得ませんがずっと最大運転した場合はドライヤーをつけっぱなしにしたのと同じくらいの消費電力となります。

最近ではオイルヒーター最大手メーカーのデロンギから省エネモード搭載のものが発売され、電気代が2割削減できるとのことから売上が急激に伸びているそうです。
普通は室内を暖めるときに最大に運転し、ある程度すると待機モードで常時暖めるという感じになります。

オイルヒーターがお薦めの人

子どもやペットがいる家庭では特にお薦めです。触っても火傷しないので安全です。また過度に空気を汚すような暖房器具とは違うため、換気の必要もありません。

寝室を常に温めたいという方もオイルヒーターはお薦めです。空気を汚さないし、火災の心配もすくないことから寝室での利用も多いんですね。

基本的にはエアコンで部屋全体の温度を底上げし、そこで足りない部分をオイルヒーターで補う形がよいのではないでしょうか。