フルスペックハイビジョン 解像度などの違いについて

ハイビジョンテレビとの違いは?

フルスペックハイビジョン

薄型テレビが手頃な価格になり、さらに地デジが始まることで、地デジ対応の薄型テレビに注目が集まっています。その中でも価格も高い、フルスペックハイビジョンテレビとは、ほかの液晶テレビとどう違うのでしょうか。フルHDとも表記されているので、この特徴を理解していきましょう。

フルスペックハイビジョンとは

デジタルハイビジョンの解像度は1920×1080ピクセルで放送されていて、とても綺麗な画像が楽しめます。地デジもBSデジタルもHD DVDやBlu-rayもこの解像度で放送または記録されていますが、一般的なハイビジョンテレビは1024×720ピクセル前後の解像度のパネルがよく使われています。つまり画素数で換算すると、実際のハイビジョン映像の情報を半分以上も捨てていることになってしまいます。

しかし、フルスペックハイビジョンなら解像度が1920×1080ピクセルなので、美しい映像をそのまま表示できるのです。また、従来のテレビは走査線が480本だったのに対し、フルスペックハイビジョンは1080本になるため、倍以上のきめ細かい映像が楽しめます。カタログなどでHDと書かれているロゴがあればフルスペックハイビジョンになります。

そもそも必要があるか

もし今使っている小さなテレビを大型の液晶テレビに買い換えようとしているとしたら、フルスペックハイビジョンの検討をしたほうがいいかもしれません。

というのも、大型で40インチ以上の液晶テレビで見ていくと、フルスペックハイビジョンとそうでないものの美しさが顕著に差が出てくるのです。
それ以下の液晶テレビであればそれほど感じないかもしれませんが、画面が大きくなるほど細かい部分も見えてきますので、フルスペックハイビジョンのような細部まで表現できるテレビでないと、大型液晶テレビの場合はその差が現れやすいのです。

ハイビジョンとの違い

フルスペックハイビジョンとハイビジョンは何が違うか。
ハイビジョンテレビというのは、元々フルスペックハイビジョンを家庭用に実現できなかった時期に発売した製造会社がつけけたもので、実際にはハイビジョン放送の完全な映像を表示しきれていないものでした。

最近になって技術も進歩し、家庭でも完全なハイビジョン映像が楽しめるようになったため、以前の不完全なハイビジョンテレビと区別する必要がありました。
そこで完全にハイビジョン放送を表示できるテレビをフルスペックハイビジョンと呼ぶようにしたのです。

激安で探す

フルスペックハイビジョンテレビは大画面のものがその美しさをより一層楽しめます。
ですが、大画面のフルスペックハイビジョンテレビはやはり高価なものです。
そこで一度店頭などで画質などを見た後、ネットでも日本全国のフルスペックハイビジョンテレビの最安値を見て価格を検証しておきましょう。