5.1chサラウンド・ホームシアターの選び方 設置方法なども

臨場感溢れるホームシアター環境を自宅に設置してみませんか

5.1chサラウンド・ホームシアターの選び方

映画好きの方ならほとんどの方が知っている、音響設備の5.1chサラウンド。
テレビのスピーカーだけで音はいいから・・・と思ってるあなた!ぜひ一度臨場感のあるサウンドシステムを体感してみてください。きっと価値観が変わります。

5.1chサラウンドとは?

5.1chサラウンド・ホームシアター・システムとは、音声の出力システムの構成の一つです。
DVDや地上デジタル放送で5.1chサラウンドの臨場感を楽しむことができます。

「モノラル」は1つのスピーカーで、「ステレオ」は2つのスピーカーで音声を再生しますが、5.1chサラウンドでは6つのスピーカーが使われます。

聴取者の正面、右前方、左前方、右後方、左後方、低音出力用サブウーファースピーカー(通常は正面に配置)の6つ。
サブウーファースピーカーは出力できる音域が限られているため、0.1chとカウントされていて、合計で5.1chというわけです。

5.1chサラウンドの効果といえば、カーチェイスのシーンならば、車の動きに合わせて爆音が前後左右に移動し、サスペンス映画では犯人が背後から襲うのに合わせて音も後ろから迫ってくる。その効果は絶大で、思わずのけぞったり首をすくめてしまうはずです。

5.1chサラウンドシステムはこのような音を各スピーカーに割り振って臨場感を出すものです。

大きなテレビとこの5.1chサラウンドシステムにより、ホームシアターが完成するわけですね。

たくさんのスピーカーが必要なワケとは?

5.1chサラウンドシステムの目的は、映画館のような臨場感を再現することにあります。
前後左右から包み込まれるようなサウンドでまるで映画の中にいるような感覚を覚えることがあると思います。これを家庭で設置する6つのスピーカーで再現します。
この臨場感を演出できてホームシアターの完成となります。

また、映画館で映画を観ているような感覚を再現すること、というよりも、映画の中にいて、部屋にいることを忘れてしまうくらいの臨場感を出すことができるのが5.1chサラウンドシステムの特徴です。
音に包まれるという言葉はこの5.1chサラウンドシステムのためにあるようなものです。

最近では映画だけでなく、ゲームの世界にも臨場感を最大限に演出できるソフトが増え、より一層ホームシアターが身近になっています。
また、テレビ放送も地上デジタルや、映画の放送などでは音にこだわっているものもあり、普通に臨場感を演出してくれる体勢は整えられつつあります。

ですので、今の段階からホームシアターを意識したテレビ選び、スピーカー選びが重要になってきます。

各スピーカーの機能

センタースピーカー
左右のフロント・スピーカーの間、テレビの上、または下に置くスピーカーです。
主に俳優の声や音楽のボーカルなどの声を出力する一番重要なスピーカーです。

フロントL/Rスピーカー
画面に向かって左と右に置くスピーカーです。
画面から20cmほど離して、左右に置くのが理想的。離すことで前方への音の広がりが増します。
主に車の移動する音や、走り去る足音などが動いて聞こえるようになります。

リアスピーカー
後ろから聞こえる音を担当。音に包まれている再現します。
フロントスピーカーと平行になるように設置する 。また高さは頭上1mを目安に。
後ろから近づいてきたりする足音や、周りの雑踏などが後ろから聞こえるようになります。

サブウーファー
重低音のみを担当。基本的には視聴位置より前ならどこでもよく、フロントスピーカーの近くが無難です。指定している機種もあるので確認してから設置しましょう。爆発音やピストルの音などが大迫力で聞こえます。一番効果を実感できると思います。
これら6つが全て機能して初めて5.1chサラウンドによるホームシアターが完成します。

5.1chサラウンドの選び方

5.1chサラウンドシステムを購入するときはまず、ドルビーデジタル、DTS、そして地上デジタル放送の5.1chを楽しむ場合はAACが搭載されているものを選びましょう。

5.1chホームシアターには5つのスピーカー、ウーファー、アンプがセットになっているのですが、そこにDVDプレーヤーまでついているものがあります。
購入の際、もしDVDプレーヤーを持っているのであれば、セットにDVDプレーヤーのついていないものを選びましょう。
セットのものではDVDプレーヤーが無駄になってしまいますので。

また、激安・無名ブランドのものは音割れの可能性もありますので、直接店頭へ行き、ボリュームを大きくして、音が割れてしまわないか確かめましょう。
5.1chサラウンドシステムは安いものではないので、後悔しないように選びたいものです。

お薦めの5.1chサラウンド・ホームシアターセットは右の画像にもある、ヤマハのTSS-15-Wです。
ドルビーデジタル/DTS/AAC/ドルビープロロジック II搭載のアンプユニット、DVDプレーヤーなし、という手軽に揃えられるホームシアターセットです。
また、価格も2万円ととてもお手ごろです。

5.1chサラウンドシステムにはスピーカーが大きいものもありますが、設置する部屋のスペースを考慮して、すっきりと収まるようにしたいものです。
スピーカーが大きすぎて部屋の雰囲気と合わず浮いて見えるようでは何となくかっこ悪いですよね。
大きすぎる音を出すと騒音にもなってしまいますし、店頭でどの程度の音量を出していけるかも確認することも大切です。

「音」の種類

DOLBY DEGITAL
5.1chh音声信号を圧縮し、デジタル音声ならではの高音質とマルチチャンネル再生 を実現します。DVDの音声標準フォーマットに採用されたドルビー研究所開発の5.1ch完全独立ディスクリート方式のサラウンドフォーマットです。

DTS
ドルビーデジタル方式と同様、5.1chの信号を独立して再生できるサラウンドフォーマット。音声圧縮率が低いため音に厚みがあり、チャンネル間のつながりやS/N感などに優れているのが特徴です。

DOLBY PRO LOGIC2
ドルビープロロジック方式を発展させ、2chステレオ方式やレンタルビデオ等で採用されているドルビーサラウンド方式で録音された音声を、疑似的に5.1chで再生することを可能にしたサラウンデコード方式です。

AAC
Advanced Audio Codingの略称。高音質を維持したまま圧縮率を高めることが可能。主にBSデジタル放送に使用されています。