カーボンヒーター 効果や電気代について

体の芯から温まるカーボンヒーター

カーボンヒーター

寒い季節になると暖房をつけないと快適には過ごせなくなってしまいます。しかし最近は暖房器具が数多く発売されていて、どれを使うのが部屋の大きさや暖房効率、燃費が一番自分に向いているのかがわかりくくなっています。そこで一人で部屋で使うならカーボンヒーターがお薦めです。

カーボンヒーターとは

カーボンヒーターとは、遠赤外線効果がハロゲンランプよりも高い炭素系発熱体(カーボン)を使っているヒーターのことです。

暖める方法はハロゲンヒーターやこたつなどと同じですが、体を芯から暖めてくれる遠赤外線効果がカーボンの場合は高いのです。

カーボンヒーターのメリット

カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターよりも遠赤外線効果が高く、ただ熱いという感覚ではなく、ポカポカと体を温めてくれます。
また、ハロゲンヒーターよりも耐久年数が長いところも特徴です。

また、何と言っても電気で暖めていくのでガスや石油ストーブのように一酸化炭素を発生させません。最近問題視されている危険性もカーボンヒーターは低いと言えます。

カーボンヒーターの特徴

カーボンヒーターは遠赤外線効果が高いのですが、遠赤外線効果が高くなると体の芯まで暖まり、冷めにくくなるのです。
また、ハロゲンヒーターとは違い、急速に暖まります。
そして熱効率が高いため、省エネ効果が高いのも特徴です。

弱点

カーボンヒーターはとても暖かく、体の芯まで暖めてくれる優れものですが、広い部屋全体を暖めるのには向いていません。
広い部屋を暖めたい場合は石油ファンヒーターが経済的・暖房効率を考えるとベストです。
ですが、自分の部屋だけでいいから暖まりたい、という人にとってはカーボンヒーターがベストになってきます。
部屋全体が暖まらないというのは製品にもよりますが、6畳程度なら普通に過ごせる程度までは暖まります。

また、机で作業する、本を読む、テレビを見る、という感じならカーボンヒーターが経済的で熱効率も良いのでお薦めです。

使用用途に応じた暖房器具の選択が必要なのです。