青汁の効果 ケールについての詳細も

毎日飲む青汁で健康を維持しましょう

青汁の効果

テレビCMなどで既に知らない人はいないくらい健康に良いとされる青汁。一般的には苦くてまずいと言われている青汁のその効果はどのようなものなのでしょうか。

青汁の栄養素

青汁は厚生労働省が提案する1日の野菜摂取量を補うだけの栄養素が詰まっています。
もともと1日に350gも野菜を摂るのは食事の量も食べる頻度もメニューも、そして経済的にもとても難しいことです。

青汁の大きな割合を占めているケールには、ビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、カロテン・ビタミンB、ビタミンCはトマトの5倍、さらには食物繊維、鉄なども豊富に含まれています。

青汁の体への効果

もともと私たちの食生活ではほとんどの食事を野菜中心にしない限り、十分な野菜からの栄養素を摂取することは難しいのが現状です。
現代人の肌荒れや便秘、メタボリックシンドロームなどは栄養素の偏りが原因です。
青汁は基本的に1食分の必要量や1日分の必要量が1回の分量でまかなえるようになっています。

多くの女性が肌荒れが改善したり、便秘が解消されたりするのはビタミンや食物繊維が青汁1パックに多く含まれているからで、それを毎日飲み続けることによって毎日の食事で補えていなかった野菜の栄養素をしっかりと青汁で補うことができるからです。

また、鉄分も豊富なため、貧血対策にと青汁を飲む人も少なくありません。
ここまで青汁が女性の間で注目を集める理由がこのような効果があるからなのです。

そのほかに青汁の効果を感じた、という人には、花粉症の軽減、風邪予防、血糖値の安定などもあります。ただし、青汁は薬ではないので、たくさん飲めば良いということもありませんし、風邪や体調不良が治るという効果もあるとは言えません。
体調を健全にしていくための足りない栄養素を補給し、元々の体のあるべき状態へと戻していくと考えるとわかりやすいでしょう。

青汁の飲み方

青汁はストレートで水に溶かして飲んでもいいですが、やはり臭みと苦味が気になる人が多いのが現状です。というのも、どのメーカーもそのままの味、成分で青汁を安全に作っているからです。
ここに何か味を変えるようなものを添加してしまっては青汁の意味がありません。

多くの人は牛乳に混ぜたり、乳酸菌飲料に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりすると美味しく飲めるようです。また、ジュースやフルーツを混ぜた牛乳など、牛乳と混ぜる人が多いので試してみるとよいでしょう