讃岐うどん 香川の名産品

香川に行ったら讃岐うどんははずせません

讃岐うどん

香川県の特産品といえば讃岐うどんです。そんな一度は食べてみたい讃岐うどんの歴史や特徴などを見ていきましょう。

讃岐うどんとは

讃岐うどんとは、香川県内で手打、手打式で製造されたもので、加水量は小麦粉重量に対し40%以上、食塩は小麦粉重量に対し3%以上、熟成時間は2時間以上、ゆで時間約15分間で十分アルファ化されていることなどが決められている香川県のうどんです。

このような規定はあるものの、香川県内のうどん店や家庭などで作られるうどんは一般にどれも讃岐うどんとされるようです。

讃岐うどんの歴史と香川県

現在、香川県のうどんの一人当たりの年間うどん消費量は日本一と言われていて、日本国内のうどん総生産量でも、ゆでうどん・生うどん・乾燥うどんの3種類すべてで生産量が1位となっています。

香川県で讃岐うどんがこれまで発展を遂げたのは、もともと香川県で小麦がよく収穫され、醤油も作られるなど、讃岐うどんを作る土壌がもともと出来上がっていたためと考えられています。
さらに瀬戸大橋開通によって多くの人が香川県へ訪れることが容易になったため、さらに讃岐うどんのお店が増えたこと、そしてテレビのグルメ番組で何度も讃岐うどんが取り上げられることから全国的に讃岐うどんの名前が知れ渡るようになりました。

讃岐うどんの特徴

讃岐うどんは麺のコシがしっかりしていて、さらにのどごしも特徴のひとつです。
また、注文するときは麺の量もかなり細かく注文することができます。
そして何と言っても麺の種類やトッピングの具を好きなように選べるところも讃岐うどんがいつまでも親しまれている大きな特徴でもあります。
そしてリーズナブルな価格設定が、讃岐うどんが日本で一番有名になる大きな要素のひとつだったのかもしれません。

讃岐うどんをお取り寄せ

讃岐うどんは今では全国で食べることができますが、どうせなら美味しいと言われる讃岐うどんをたべてみたいですよね。
そんなときはネットで手軽にお取り寄せしてみましょう。

讃岐うどんのお取り寄せはこちらです。
お試しセットは特にお薦めです。