有機野菜と無農薬野菜 定義や違い

有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜と無農薬野菜

最近では無農薬野菜や有機野菜がとても人気です。
普通の野菜よりも3割から4割程度値段が高いにも関わらず、無農薬野菜や有機野菜を購入する人がとても増えているのです。しかし、これらの基準や実際はどのような野菜なのかを知らない人がほとんどです。明確な無農薬野菜や有機野菜の基準などを知ってさらに良い野菜を食べましょう。

有機野菜とは

有機野菜とは、種まきまたは植付け前2年以上の間、化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、堆肥等による土づくりを行った畑や田んぼで生産された農作物で、国が認めた登録認定機関によって有機JAS認定を取得した物をいいます。

たい肥の原料は、鶏糞、落ち葉など自然界に存在するものを利用して肥料を作るところから始めるのが有機農業なのです。

減農薬野菜とは

減農薬野菜は、栽培される地域の従来どおり農薬を使用する農業と比べ、使う農薬をおおむね5割以上減らして栽培された野菜のことを指します。
ですから、農薬を少なくして育てている、というわけではなく、従来の農薬が多ければそこから少なくしただけであり、安全かどうかという点では疑問が残ります。

無農薬野菜とは

無農薬野菜は栽培期間中に農薬を使わずに栽培された農産物のことを言います。
去年の農産物は農薬を散布され、土に農薬が残っている状態や、化学肥料が残っている状態でも、今年無農薬で作れば、それは無農薬野菜として売り出されます。

有機野菜の特徴

有機野菜の特徴は以上のように、土が汚染されていない状態で育てられた野菜ということです。土が汚染されていなければ、微生物が土のサイクルを作り、結果的に良い野菜を作り出します。土が死んでいれば、そこに栄養はなくなってしまいますから、栄養素として化学肥料を使い、それでは弱い野菜になってしまうため、農薬で守るわけです。悪循環が続いてしまう部分を、根本から見直したものが有機野菜ということです。

ビタミンCが豊富

農薬や化学肥料を使った野菜では中身が完全にならないまま成長してしまいますが、有機野菜の場合は、自然の流れのままゆっくりと栄養を蓄えていくため、普通の野菜とは栄養素の含有量が違います。

ミネラルが豊富

土が健康であれば、微生物が活発に活動しているため、土に通気性が出てきます。根ものびのびと育ち、栄養素の高い土から多くのミネラルを吸収して育ちます。

美味しい食べ方

旬の有機野菜を食べる
旬の野菜は栄養素が高いだけでなく、私たちの体と季節をうまくコントロールしてくれます。夏野菜を冷やして食べると夏には体を冷やしてくれる効果ももたらします。冬には芋やゴボウなどを食べると体を温めてくれます。旬の野菜で上手に健康を維持していきましょう。

どこで作られたかわかるものを

スーパーなどでも最近では産地や生産者がわかる有機野菜を買うことができます。このように透明な情報を提供している有機野菜を選びましょう。また、宅配で新鮮な有機野菜を届けてくれる業者も多いのでこちらもオススメです。

信頼できる有機野菜・無農薬野菜ショップ

食材宅配Oisix(オイシックス)
有機肥料を使い厳しい基準をもって審査された安全で美味しい野菜が特徴のオイシックス。野菜に加えて加工食品も安全なものを厳選して自宅まで届けてくれます。
遺伝子組み換えや放射能検査は全てひとつずつ検査して出荷しているので子どもからおとなまで安心して美味しい食材を食べることができます。野菜は注文後収穫して出荷するので鮮度は抜群です。

食材通信宅配大地を守る会
6~7種入ったお試し野菜が送料無料で980円。有機農法で作られた旬の食材を宅配してくれます。美味しさはピークの状態で送られてくるので春夏秋冬その時期で最高の美味しさでしかも子供にも安心して食べさせられる食材が届きます。美味しさと安全性を第一に考えた宅配です。お試しセットは通常購入と較べて半額程度とかなり安いのでお薦めです。