正しいUV対策 コスメやグッズなど

まず帽子や手袋などで直射日光を遮りましょう

正しいUV対策

夏は特にUV対策に追われる日々だと思います。
日頃からの正しいUV対策でシミの少ない肌をキープしていきましょう。

いつでも日焼け対策

夏でも冬でも美白になるための必須条件。
「UV対策」
夏になってから日焼け止め塗り始める人が多いかと思いますが、春だって秋だって冬だって、太陽は出てるじゃないですか。

太陽が出てる日は紫外線防がなきゃどんどんお肌に刺激を与えてしまいます!
刺激が与えられてお肌にいいことなんてありません。しみができたり、お肌がくすんだり、ひどくなれば皮膚ガンに...なんてことも。太陽から肌をしっかり守りましょう。

しみができるしくみ

テレビなどを見て知ってる人も多いですが、お肌の細胞は、紫外線に当たると黒褐色のメラニン(色素細胞)を作り出します。

なぜメラニンができるのか。メラニンは本来、お肌が刺激に耐えられるように太陽光を吸収する役割があります。メラニンが少ないと、お肌を守ろうとして紫外線に当たったときにどんどんメラニンが増えていきます。つまりメラニンが少ない白い肌の方が、紫外線に弱いのです。

本来日焼けでできたメラニンは、お肌のターンオーバーによって肌の奥から押し上げられ、季節が変わればまたもとの肌の色に戻るわけです。そして、そのターンオーバーに間に合わず肌に残ってしまったものが「しみ」となるのです。

しみになる原因は紫外線だけでなく、生活習慣やストレスにも影響されます。寝不足やストレスが増えることによってお肌のターンオーバーが遅くなるのです。

紫外線の影響はそれだけじゃない!

紫外線の影響は、お肌のメラニンを作るだけじゃなくて、お肌を酸化させ「過酸化脂質」という有害成分を作りだします。しみをつくる原因のひとつでもあります。

日焼けをしたり、日焼けをした皮膚がはがれたりするのも紫外線の刺激によるものです。
今、オゾン層が破壊されて紫外線の強度が増しているそうです。できる限りお肌を紫外線から守りましょう。

PAとかSPFってどういう意味??

よく日焼け止めのパッケージなどにPA++とかSPF10とか書いてありますよね?
「どれが良いかわからないから、適当に効果が高そうなやつ買っとこう。」
どれでも良いと適当に買わないで、あなたに合った日焼け止めを選んでみませんか?
毎日強いのをつけるとお肌が呼吸できなくなりますよ!

普段よくつける日焼け止めであればSPF10~20で十分です。
PAはPA+~++ぐらいあれば完璧でしょう。
PA+++など効果の高いものは海や山に行ったときなど直で太陽に当たるときや長時間外にいるとき、紫外線に敏感な方におすすめします。

SPFとは

Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略です。
SPFは日焼けするまでの時間のことを指します。
たとえば、日焼けするのに20分かかる人がSPF30のモノを使うと、

【日焼けするまでに20分】×【30分】=600分(10時間)

つまり日焼けするまでに10時間かかるということになります。

PAとは

Protection Grade of UV-A(プロテクショングレイドオブUV-A)の略です。 PAの+は、

+(効果がある)
++(かなり効果がある)
+++(非常に効果がある)

の3段階にわけられています。
+が増えるごとに効果が高いことを示します。