二重まぶた整形 費用、失敗、埋没法の解説

プチ整形でパッチリの目にできます

二重まぶた整形

最近は10万円程度でプチ整形ができ、気軽に二重まぶたに整形することができます。整形と考えるととても不安が大きくなると思います。そこで事前に二重まぶた整形についての情報を集めておきましょう。
ここでは二重まぶた整形の方法や安全性、傷跡などを詳しく解説していきます。今後二重まぶた整形を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

手術の方法

埋没法

埋没法は、メスを一切使わない二重まぶた整形の方法です。
細いナイロンの糸をまぶたに縫い込み、二重のラインを作ります。
手術時間もわずか10分ほどで終わるので、プチ整形としてとてもポピュラーな二重まぶた整形です。
埋没法は、生まれつきのような自然な感じの二重まぶたができるので、二重まぶた整形がほとんどバレません。
しかも埋没法はメスで切らないため、術後のハレが非常に少なく、キズあとも残らず、治りも早い、手術前の目にもどしたり、二重のラインを変えたりすることもできる、というのも人気の理由です。
二重まぶた整形後は、体質にもよりますが、手術をした翌日からごく普通に学校や会社に出ることも可能です。

切開法

切開法は、二重のライン上を余分な脂肪や皮フを切除して、縫合をおこない、大きく切開して二重まぶたにする方法です。
切開法で切った部分が二重のラインになるので、傷跡は目立ちません。
切開法は、まぶたの脂肪が多い方や皮膚がたるんでいる方のための二重まぶた整形の方法です。それ以外のタイプの方には、よりハッキリとした二重を作りたい場合に利用します。
ただ、埋没法と違い、元の目に戻すことはできません。
また、二重まぶた整形後の腫れが埋没法よりも大きい、などがあります。

麻酔の詳細

二重まぶた整形では一般的に局部麻酔をうつことがほとんどです。
どのように麻酔を使うかというと、まず麻酔効果のある点眼薬を使い、その後まぶたに数箇所麻酔を注射します。
最初に点眼するので、まぶたへの麻酔注射も思っているほど痛みはありません。

麻酔をうつときは、できるだけ力をいれないようにしましょう。力を入れると筋肉が収縮し、まぶたが固くなって針が入りにくくなります。
できるだけリラックスして、まぶたには力を入れないようしましょう。

また、麻酔の注射などが怖い、という方のために、眠っている間に二重まぶた整形が終わってしまう、全身麻酔も受け付けている病院がほとんどですので、麻酔に関しては医師とのカウンセリングのときに十分話し合って、局部麻酔か全身麻酔のどちらを利用するか相談しましょう。

二重まぶたの手術後の傷あとについて

埋没法ではほとんど傷あとは目立ちませんし、二重まぶた整形をしたということもほぼバレることはないでしょう。
最初の2-3日は目を閉じたときに、糸を通した穴が見えますが、すぐに目立たなくなり、自然な仕上がりになります。

切開法ではまぶたを切るので後は残りますが、その跡が二重まぶたのラインになります。
傷跡は1~2週間ぐらいで落ち着いて、人と会ったりしても解かりません。
ただ、目を閉じた場合、二重のラインに少し傷あとが見えますが、1年ほど経つと、ほとんどわからなくなります。

気になる安全性

埋没法も切開法も眼球には何も手を加えないので、安全性は確保されています。
また、麻酔をして手術をするので痛みもありません。

二重まぶた整形のあとは、埋没法の場合、糸がはいるので、それがゴロゴロとして感じがしますが、次第に感じなくなってきます。

また、埋没法は20年以上前から人気があり、多くの実績があるので安全性は高いといえます。

帰宅後などのアフターケア

二重まぶた整形の術後、2日間は洗顔を控え、濡れたタオルなどで拭く程度にしましょう。
また、数日間はコンタクトレンズをつけずに、めがねを使ってください。
飲酒などのアルコール類、タバコ、激しい運動は腫れを助長してしまうので避けましょう。

二重まぶた整形後の痛みは埋没法の場合、体質にもよりますが、ほとんどないと言われています。痛みがあるという方は、痛み止めを処方してもらうこともできます。

また、二重まぶた整形直後はまぶたのむくみがおちつくまで、目をこすったりしないようにしましょう。むくみや腫れが落ち着いてきたら目をこすっても影響はありません。

最後に、二重まぶた整形をして、後遺症が残るかどうか、という点ですが、これに関してはないと言ってよいでしょう。
二重まぶた整形の直後は目やになどがでることもありますが、体の正常な反応ですので、すぐに収まります。

埋没法に関しては、時間が経つと元に戻ってしまうこともありますが、全体の5%程度です。ただし、加齢とともにもともと二重の方も目の形は変わってくるので、二重まぶた整形が完全に二重の形を維持し続けることはできず、肌の加齢により少しは変化すると考えてください。

安全・安心な病院の選び方

二重まぶたの整形を専門に行っている医師を探してカウンセリングを受けに行きましょう。
また、二重まぶた整形手術を実際に行う医師が直接カウンセリングしている病院を選んでください。どのような二重にしたいかをしっかりとカウンセリングで伝え、医師と自分の考えをまとめておくことができます。

料金的な面ですが、高いところは広告費などにお金をかけすぎていて、お金儲け優先になりがちです。そのようなところで親身に相談を受け手術してもらえればいいですが、利益優先の医師はあまり安心してまかせられない、というのが心情です。
安すぎるところも最新の技術や機器がない場合がありますので、平均的な病院を見極めましょう。

また、避けたほうがよい病院は、まぶたの裏の結膜に糸を結びつける手術をしている病院です。最新の二重まぶた整形では、結膜には糸を通さずに行います。
結膜に通すものは万が一を考えてやめたほうがいいでしょう。