敏感肌のスキンケア 化粧品、化粧水、洗顔について

最近は敏感肌用シャンプーまで出るほどケアが大変です

敏感肌のスキンケア

肌タイプ別のスキンケアについて、今回は敏感肌のスキンケアです。
敏感肌の特徴からトラブル、スキンケアの方法までを簡単にご紹介します。

敏感肌の特徴

敏感肌は、その名のとおり外部からの刺激に弱く、軽い刺激にも敏感に反応してしまう肌のことをいいます。

スキンケアも、低刺激のものでなければお肌が荒れてしまったりかゆくなって炎症を起こしてしまったりします。乾燥肌の人に多く見られる傾向でしょう。

冬場など、乾燥しやすい季節や環境で敏感になりやすくなります。
夏場は紫外線の刺激に弱く、紫外線対策が必要でしょう。
乾燥性の場合、お肌のセラミドの減少が原因で起こります。

敏感肌のトラブル

敏感肌に多いトラブルは、お肌の乾燥による肌荒れや外部の刺激による湿疹、にきびや吹き出物などが多いでしょう。

また、お肌のためにと思っていろいろなスキンケアをするものの、お肌にあったものがみつからず改善できないことが多いようです。吹き出物やにきびができてしまうのは、毎日メイクをしてお肌が呼吸できないことが大きな原因です。

また、いろいろな化粧品を使いすぎていたりそれらによって逆にお肌に刺激を与えているからかもしれません。それに加え、乾燥性の場合、お肌が乾燥していることから水分不足や、ビタミンなどが足りないことが原因と考えられます。

敏感肌のスキンケア

敏感肌の場合、自分のお肌にあった化粧品をつかうのが一番ですが、まだ自分にあったスキンケアを見つけることができていない方のために刺激の少ない無添加のものを使うといいでしょう。

お肌を清潔に保つことが絶対条件なので、一日に何度か使える極力お肌に負担のかからないやさしい洗顔料を使いましょう。

乾燥性であることが多いので、保湿力の高いものを選びましょう。
今は敏感肌向けの化粧品も売られているので参考にしてみてください。

また刺激に弱いので、ファンデーションなどお肌に負担をかけるメイクは軽めにし長時間つけるのはなるべく控えましょう。お肌の老化を招きます。

吹き出物ができてしまった場合、手で触ったりしないようにしてください。治りが遅くなったり、しみになったりします。

水分が足りないことが原因のひとつでもあるので、水分は必ずとるようにしてください。
お肌の保湿に効果のあるビタミンCやコラーゲンなどをとるのもおすすめです。