ピーリング石鹸 ニキビ予防や改善に

自宅でできるエステのスキンケア

ピーリング石鹸

ピーリング石鹸とは、薄い酸を配合した石鹸です。毎日の洗顔でニキビ予防、ニキビ跡の改善など、手軽にケアできることから現在とても人気があり、商品によっては200万個以上の売り上げがある大人気商品になっています。

この薄い酸をで肌の古い角質を削ぎ落とすことによって、きれいな肌を手に入れることができます。
もともとはエステなどで使われていたケミカルピーリングというものを、洗顔するだけで使えるようにした石鹸のことを言います。

ピーリング石鹸のメリット

ピーリング石鹸を使うメリットといえば、今後出てくるであろうニキビ予防だけではなく、過去のニキビ跡やシミ、そばかす、シワなどもとれる可能性があるところです。

基本的に肌表面の古い角質を溶かして落とすことが目的ですので、そこにあるニキビ跡なども一緒にそぎ落とすことになります。

古い角質が落ちたあとは新しい敏感な皮膚に変わるのでシミやそばかすなども徐々に消えていくというわけです。

また、古い肌にはいろいろなものがあり、肌が汚く見えます。この不純物や傷などがキメ細やかなキレイな肌から見た目を汚くしてしまっています。ですが、ピーリング石鹸を使い、古い角質を取り除いて新しい肌になると、キメの整ったきれいな肌が出てくるのでスベスベの若い肌になるというわけです。

エステなどの数十万円かかるというケミカルピーリングですが、実は1回のケミカルピーリングではそんなにお金はかからないようです。

ただしケミカルピーリングも酸を使っていると前述の通り、強い酸で一気に肌の古い角質などをそぎ落とすには刺激が強すぎるため、少しずつ通うような形でキレイな肌を取れ戻していくのです。
この通院のように何度も通ってケミカルピーリングの効果を最大限に得ようとすれば数十万円かかってしまうというわけなのですが、ピーリング石鹸であれば1個で1ヶ月使うことができます。

1個2000円前後のピーリングソープで、時間も自由にピーリングできるわけですから、お金に余裕があっても時間に余裕がない、という方にはとても最適な方法なのです。

ピーリング石鹸の使い方

顔をぬるま湯で充分ぬらします。

ピーリング石鹸を泡立てネットを使ってしっかり泡立てます。
思った以上に泡立たないのでしっかりと泡立てることに気をつきましょう。

アゴやオデコなど角質が気になるところからくるくるマッサージしながら洗います。
このとき、指で洗わずに、泡を触れるようにして洗いましょう。普段の洗顔でもそうですが、指でこするようにすると肌に傷がついてしまいます。ピーリング石鹸の場合は特にそうですので気をつけましょう。
目元やくちびるは、基本的に泡をつけないか、つけるとしたら時間を短くしましょう。

気になる部分だけに泡をつけた場合などは3分ほど放置すると効果が高まります。
ただし、肌の弱い方は放置時間が長いとピリピリとしてくるのですぐに洗い流しましょう。

泡がなくなるまでしっかりと洗い流します。

ピーリング石鹸を使ったあとは肌が敏感になっています。
とても乾燥することがありますので必ず十分に保湿しましょう。

ピーリング石鹸の安全性

ピーリング石鹸・ソープは肌を溶かして古い角質を剥がしていくことで、新しい肌にして肌のターンオーバーを正常にしていきます。

このことで古い固まった角質がなくなり、肌が白く明るくなったり、ニキビの原因を取り除いたり、ニキビ跡にも効果があることはピーリング石鹸・ソープとは?で書きました。

しかし、肌を溶かすほどの効果があることから、本当に使っても大丈夫?という不安も少なからずあると思います。

私たちが手軽に使えるピーリング石鹸・ソープですが、成分としてグリコール酸が入っています。
このグリコール酸が肌の古い角質を剥がしてくれる役割をしています。

実はこのグリコール酸は身体に存在する毒性のない物質です。
グリコール酸が皮膚表面からの吸収された場合も、全身的副作用はありません。発癌性、アレルギーの心配はなく、パッチテストも不要と言われています。他のピーリング剤に比べ炎症を起こしにくいのも、グリコール酸の特徴です。

グリコール酸を使った場合、ピーリングした部分と、しない部分の境目が目立つこともなく、対応できない重大なトラブルはないと言われています。

ですが、ピーリング後はどんな場合でも紫外線対策を怠らないようにしましょう。
また、保湿もしておくことで肌のツッパリ感が抑えられるでしょう。

ピーリング石鹸の保存方法

ピーリング石鹸は他の石鹸と比べると高価なもので、しかもニキビなどの対策として使いたい、という明確な目的がある石鹸であるために、できるだけ長く使っていきたいと思うはずです。
そこでピーリング石鹸の上手な保存方法を覚えましょう。

ピーリングソープは溶けやすいものが多いので、できるだけ水を切って水気のないところに保存しましょう。風呂場にそのまま残すようなことをするとけっこう水がかかったり、湿気で溶けやすくなってしまいます。また、直射日光や高温を避けて保存しましょう。

間違ってもシャワーやお風呂に入りながらそのまま放置するのはやめましょう。また、湯船に落とすとすぐに溶けてしまうので気をつけてください。

注意点

ピーリング石鹸の使い方でも説明しましたが、ピーリング石鹸はしっかりと泡立ててから使います。指や手で顔をゴシゴシするのはもってのほか、泡を触れさせるようにして優しく泡で洗います。

また、1日にピーリング石鹸を使うのは朝と夜の2回で十分です。ピーリング石鹸を何度も使えば効果が大きいというのは間違っていて、洗いすぎると皮膚の潤いを保持するのに必要な皮脂まで失われ、肌を保護する生来のバリア機能が低下し、かえって肌トラブルを招く危険性があります。

また、ピーリング石鹸は洗顔後、泡を顔に体に乗せたまま放置するとよりピーリング効果が期待できますが、ピリピリとした感じがあればすぐに洗い流しましょう。角質を通り越して肌にフルーツ酸が浸透しているサインです。

また、口元、目元は肌が弱くピリピリとして刺激を受けやすいので泡をつけるのは避けたほうがいいでしょう。

ピーリング石鹸での洗顔後は肌がとても弱くなっています。日焼けは必ず避け、化粧水や保湿などで十分肌をいたわってあげましょう。