豊胸 痛みやシリコン、脂肪の注入など

胸を大きくしたい!今は自分の脂肪を使うことも可能

豊胸

人より胸が少しだけ小さい。そんな悩みを解決するのが豊胸です。様々な方法があり、それぞれのメリットがあります。詳しい豊胸手術の解説と注意点などをまとめています。

豊胸手術とは

豊胸手術とは、胸に自分の脂肪や、人工的な人の柔らかさのものを入れて、胸を大きくしたり、形を整えたりする美容整形手術です。今まで豊胸手術ではいろいろな手術の方法、人口バッグの種類などが多くあり、どの豊胸手術を選べばよいかわからない、ということが問題ですね。

豊胸手術でバッグはどこから入れるのかというと、わきの下のシワに沿って出来るだけ小さく切り、そこから入れます。傷あとは小さいためあまり目立ちませんし、術後経過するとほとんど目立たなくなります。

手術の種類

人工乳腺法
わきの下、乳輪周囲、乳腺下などから人工乳腺(人口バッグ)を挿入する豊胸手術です。乳腺下ではなく、大胸筋下に人工乳腺を挿入する手法もあり、この方法ではより自然な仕上がりが期待できます。
最近のバッグは、触った感じも自然の胸に近づき、耐久性も向上していますので、破れたりすることもほどんどなく、何十年も大丈夫だと言われています。
こんな方が向いています
できるだけ大きくしたい方、やせている方

脂肪注入法
太ももやお腹にある自分の余分な脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入する豊胸術(豊胸手術)です。
人工的な素材を挿入するのに抵抗のある人や、全身のプロポーションバランスを改善したいという人にお勧めの豊胸手術です。
しかし難点はそんなに胸を大きくできないことです。
平均1~1.5カップぐらい、ひとまわりぐらい大きくできます。うまくいけば2カップぐらい大きくなることもありますが、逆に取れる脂肪の量が少なかったりすると、0.5カップぐらいしか大きくならない場合もあります。
こんな方が向いています
1カップUPぐらいでいい方、脂肪を取りたい場所がある方、異物を入れるのに抵抗感がある方

人工乳腺法

シリコンバッグ
豊胸術用バッグとしては最も歴史が長く、もともと世界各国で広く使用されていたバッグです。非常に柔らかい素材であり、挿入後も違和感のない自然な感触がその最大の特長です。しかし、米国FDAが1992年、バッグが破損して中身のシリコンが漏れた場合の安全性における懸念からバッグ使用の中止要請を出しましたが、その後の研究によって、発ガン・自己免疫疾患との因果関係が否定され、現在は、再び多くの医師がこのバッグの使用を開始しました。

生理食塩水バッグ
生理食塩水バッグは、内容物に完全無菌処理を施した人間の血液と浸透圧の等しい濃度0.9%の生理食塩水を用いたもので、医療現場では頻繁に使用されています。コンタクトレンズの液と同じものですから、癌や自己免疫の異常を起こす心配はありません。このことによってバッグが万が一破れても、人体へ影響ない豊胸手術が可能になりました。しかし、感触がやや不自然であることと内容物(生理的食塩水)が漏れやすいことが問題点です。

CMCバッグ(カルボキシメチルセルロースバッグ)
CMC(カルボキシメチルセルロース)は、仏アリオン社が開発した特種製法による継ぎ目のないシリコン製のバッグです。CMCの組織構成がなめらかな動きを生み出し、従来のバッグよりも触感が進化し、見た目だけでなく触った感じの自然さにも配慮されており、極めて人間の乳腺組織に近い質感を備えています。変形しやすいということで手術が容易ではありますが、内容物が流出すると不都合が生じるということであまりお勧めできません。

脂肪注入法

脂肪注入法とは、脂肪吸引の技術を応用した安全性が高い豊胸術です。
脂肪吸引した自分の脂肪を胸に注入する豊胸手術です。
脂肪注入法では、バストを飛躍的に大きくすることはできませんが、吸引した脂肪を少しでも有効活用したい人や人工乳腺などの異物を挿入することに抵抗を感じる人などに適した豊胸術です。
また、切開をしないために傷跡も残らず、異物挿入による拒絶反応もほとんどありません。

手術は、通常の脂肪吸引と同様に極細の管を使い、注入に使用する脂肪を確保することから始まります。吸引された脂肪を生理食塩水で洗浄し、状態の良い脂肪のみを選別した後、注射器に移し替えます。バストの筋肉層、乳腺層、脂肪層などに少しずつ注入して形を整え、注入された脂肪は毛細血管に取り込まれてこの部位の組織として生着します。

状態の安定後、毛細血管に取り込まれなかった脂肪は自然に吸収されます。生着率(脂肪が注入された場所で存在していく確率)には個人差がありますが、大きな効果を望むことはできません。脂肪注入による豊胸術は、脂肪吸引による痩せる効果と、さらにバストを一回り大きくしたいという人に適した手術です。

病院の選び方

脂肪注入法しかしていないクリニック
充分な効果を期待するのは難しいです。脂肪注入法のみならず、人工乳腺法も行っているクリニックの方が技術的に信用できまし、どちらの手術方法でも選択できるからです。

特殊なバッグ
特殊な豊胸バッグを使っているとして、高額な手術費用を提示しているところもあるようですが、日本国中で1つのクリニックが独占的に使用できて、他のクリニックが使用できないというバッグはありません。
ですので、一般的なものとさほど変わらないものを名前を独自のものに変えて豊胸手術を行っている場合がほとんどです。
独自のバッグということで高額な費用を提示する病院は避けましょう。

カウンセリング
カウンセリングでは自分の胸に合った豊胸手術の種類や、術後の仕上がりなどを把握するためにとてもひつようなものです。
カウンセリングに時間をとらないような病院は避けましょう。

わかりやすい料金表示
病院に行ってみたら高額な料金を提示された、などということがないように、明確な料金設定を提示している病院かどうか確かめましょう。

大手の豊胸手術病院かどうか
大手で、歴史のある病院の場合、今まで手術してきた症例が多くあり、さらに医師の経験も豊富でとても安心できます。
また、大手であれば医療器具も最新のものを揃えることが出来、その点でも安心です。

アフターケア

豊胸バッグを入れるときのワキの傷跡は1ヶ月ぐらいで目立たなくなり、半年~1年ぐらいでもともとあるワキのシワと同じようになり、ほとんどわからなくなります。手術後1ヶ月も経てばノースリーブを着たり、水着になったりしても大丈夫です。

豊胸手術は通院する必要はなく、1週間後ぐらいに約10分程度のワキの縫合部の糸を抜糸に来るだけで大丈夫です。

シャワーは翌日より胸から下なら大丈夫です。ワキのテープを貼っているところは避けて浴びて下さい。髪の毛のシャンプーはシャンプー台などを使って、美容室でシャンプーするみたいに、ワキと胸を濡らさないように注意して自分で洗ってもかまいません。湯舟に入るのは1週間はやめておいて下さい。

術後1週間はセックスを控えてください。また、揉まれると痛みがあると思いますので、1ヶ月程度は揉まないようにしましょう。1ヶ月後には揉まれても大丈夫です。

授乳に関しては、豊胸手術では乳腺は傷つけずに行いますので授乳には影響ありません。