ニードル脱毛 痛み、肌への影響や永久脱毛など

産毛まで完全に永久脱毛するなら

ニードル脱毛

永久脱毛の原点です。確実に毛根をなくすため、技術は確立されていますが、痛みが強く、料金もかかります。その方法やメリット、弊害などを解説していきます。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛・針脱毛の脱毛の仕方は、その名の通り、脱毛に細い針を使います。その 細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、弱い電気、あるいは高周波を流すことで毛根部を破壊し発毛をさせなくする方法です。

毛の奥では、毛乳頭から栄養をもらい、無駄毛が伸びていくので、この栄養を作る部分がなくなることで、毛は育たなくなり、発毛のサイクル自体がなくなります。

治療に使用する針は、絶緑針脱毛で使われている針のようなコーティング加工はされておりませんが、かわりに金属アレルギーを防ぐため、チタンやゴールドで加工されている針があるようです。

毛穴に針を差し込むので、レーザー脱毛に比べて痛みが大きい脱毛になります。また、1本1本処理していくことになり、時間もかかります。ですが、脱毛の歴史が長く、永久脱毛としてはその確実性はとても確かなものとされています。

また、レーザー脱毛では薄い産毛などは脱毛できませんので、このニードル・針脱毛を使うことによって、どんなに薄い産毛でも無駄毛を根こそぎ処理することができます。

特徴

ニードル脱毛の特徴は、治療中の痛みが強いということにつきます。
確かに毛穴に針を入れるわけですから、自分で毛抜きなどで脱毛するものを想像していたらそれ以上だと思ってください。毛抜きの脱毛とは格段に違う痛みになります。

エステやサロンなど、医療機関やクリニックでないところでは、麻酔を使用することができないので、脱毛時の痛みを軽減することはできません。
医療機関での脱毛をお薦めします。

また、絶緑針のように針がコーティングされていないため、電気を流す時にに針が皮膚に触れると、皮膚の炎症や色素沈着を起こす可能性があります。

そして、毛を1本ずつ処理していくため、レーザー脱毛に比べて時間がかかります。
1回の脱毛で広範囲に脱毛できない点もデメリットです。

しかし、1本1本確実に毛根から死滅させるため、その効果は確実です。
レーザー脱毛では色素に反応し脱毛していくものなので、その色素の弱い産毛などはレーザー脱毛では処理しきれません。
この処理できなかった部分をニードル脱毛で確実に1本1本脱毛していこくとによって完全に永久脱毛になります。

また、ニードル脱毛・針脱毛はレーザー脱毛に比べて永久脱毛としての効果が高いと言われています。

施術の流れ

ニードル脱毛・針脱毛では、レーザー脱毛とは違い、脱毛する部分をあらかじめ伸ばしておく必要があります。また、自分で毛抜きなどで脱毛しないで、できるだけ毛が生えている状態にしておきましょう。

まず脱毛する部分を消毒します。
その後すぐに脱毛となります。毛穴を見えやすくするために、まずアイマスクをして、顔に強いライトを当てます。
そしてニードル脱毛の開始です。

毛穴に針を差込み、電気を流して一気に毛乳頭を死滅させたあと、その部分の毛を抜き取ります。毛乳頭から栄養が出て、それを成分にして無駄毛は生え続けます。
ニードルでこの毛乳頭自体をなくしてしまうわけです。
これを繰り返し、最後に脱毛した部分に冷たい冷却材やタオルなどを置いて冷やします。

ニードル・針脱毛では、1本1本手作業で脱毛していくので、時間がかかりますが、確実に脱毛した無駄毛は生再び生えてくることはなく、完全な永久脱毛です。

その後、家に帰ってからもローションなどで肌を冷却・保護していきます。
針を差し込むので肌への刺激はとても大きいものになります。
自宅でのアフターケアがとても大事ですので、しっかりとアイシングして肌を落ち着かせてあげましょう。

毛周期の関係で数ヶ月したら、前回は生えていなかった部分の無駄毛が生えてきますので、再びニードル・針脱毛を繰り返す、といった感じになります。

注意点

ニードル脱毛・針脱毛でもエステなどではなく、医療機関で脱毛することをお薦めします。
エステでは施術者の技術にとても左右される脱毛ですので、火傷や色素沈着をおこしたり、肌を傷めたりと安全な脱毛が保障されていません。
医療や毛穴を理解せずに脱毛機器の使い方を知っているだけで脱毛している可能性もあります。

医療機関であれば麻酔も使うことができるので、ニードル・針脱毛は必ず医療機関でするようにしましょう。

また、ニードル・針脱毛は、ある程度毛が生えている状態でないとできませんので、無駄毛を剃るだけでなく、自分で脱毛するのは控えておきましょう。
自分で脱毛してしまうと、その部分をニードル・針脱毛できなくなってしまいます。

脱毛以外では、ニードル・針脱毛前に事前カウンセリングがありますが、このカウンセリングを細かく、しっかりと行ってくれるところを選びましょう。
カウンセリングが不十分で、脱毛のコースや入会などをやたらと勧めるエステなどは美容というよりもなんとかして顧客を掴みたいということが先行してしまっているので、技術も確かかどうかは微妙なところです。
親身になってカウンセリングをしてくれる病院を選びましょう。

脱毛後は毛穴の中の毛根まで針を入れることになるので、とても刺激を受けた状態になります。ニードル・針脱毛直後のアイシングだけでなく、帰宅後のローションやアイシングなども、医師の指示に従って正しくケアしてあげることが大切です。

Q&A

ニードル脱毛はどの程度通うのですか?
ニードル脱毛では、一回の施術で数百本脱毛するのに1時間以上かかったりします。
ですので、脱毛したい部位を完全に全て脱毛しきれない場合があります。
一度脱毛してから、毛の生え変わる時期を考慮し、生えていなかった毛が生えてきた頃にまた同じ部分を脱毛するかたちになります。
脱毛回数は体質によって異なりますが、5回程度の脱毛で永久脱毛となることが多いようです。

脱毛時の痛みはあるのですか?
レーザー脱毛が輪ゴムではじくぐらいの痛みと言われていますが、それも個人差があるように、レーザー脱毛の痛みにも個人差があります。
しかし、基本的にレーザー脱毛に比べると脱毛の痛みはかなり伴います。
レーザー脱毛よりも痛いと考えておきましょう。

エステでの広告を見るけど
エステでは施術者のレベルが均一ではないことがおおく、技術力が低い人が行うと、火傷や色素沈着などを起こす確率が跳ね上がります。
また、痛みを軽減するための麻酔も使えないので脱毛時には痛みが伴います。
医療機関での脱毛をお薦めします。

ニードル脱毛は永久脱毛?
ニードル脱毛では、毛穴に細い針を差込み、そこから電気を流して毛穴の奥の毛根を死滅させます。
ですので一度脱毛処理した毛穴からは毛が生えてくることはありません。
よって永久脱毛となります。
また、レーザー脱毛とは違い、ニードル脱毛は歴史が古く、そのため確実に永久脱毛である、と言われている脱毛方法です。